ビジネス

#249. マーケティングってなんだろう?

『マーケティング』って奥が深い。

A, Bという商品が目の前にあって『意図的』にAを手に取り購入させるのがマーケティング。数あるものの中から自社製品を『必然的』に選ばせる、人間心理をついた戦略だ。多くの先人たちによって研究されてきた分野であり、テクノロジーの発達で、今後もマーケティングは形を変えて進化していく。

時代が変われば、消費者が変わる。消費者が変われば、マーケティングも変わる。

自分がオススメしたモノが売れれば嬉しい。これはなにも1億円のモノである必要はない。100円でもなんでも、自分が練った戦略がハマって売れればそこに喜びを得られる。

ここで大切なのが、たまたまバットを振ってホームランだったのではなく、理屈を積み上げ、ホームランになった理由を『言語化』できること。『再現性』こそ”真”の実力だ。

再現性のない、たまたまの結果だけを見て、「なぜその結果に至ったのか?」と分析しない。

するとどうなるか?

当たり前だが、安定して結果を残すことは難しい。一方で、私たちは失敗すると、「もう二度と繰り返したくない」と思うので、分析の精度も高まる。結果、次の仮説の精度も高まり、良い結果を得やすくなる。

失敗は必要な良薬だ。

同じ商品でも、担当する人間によって売上が変わるのは容易に想像できる。

どんな違いがあるのか?

モノを売ることに長けている人は、人間の購買心理をよく研究し、「こう仕掛けたら、こう動くだろう」と精度の高い仮説を立てて、何歩か先回りして戦略、戦術を仕掛ける。商品よりも、相手からの『信用獲得』を最優先する。

一方、モノが売れない人は、『自分都合』で買ってもらおうとする。「これは便利ですよ。楽しいですよ。」ここに消費者のニーズとの『ズレ』の可能性が存在する。

じゃあ、モノを売るための信用獲得ってなんだ?

「この人は自分の利益ではなく、私のことを考えてくれている。」

この消費者視点での行動が

「この人の言うことならば信じてみよう」

に昇華される。これが信頼関係。

『売り手がブランド化』された瞬間でもある。

信頼関係がなければ、たとえ優れた商品を勧められても『押し売り』に受け取られる可能性が高い。

よって、商品の売上を伸ばしたければ、まずは『信頼関係』をいかに創り上げていくかにフォーカスすること。信頼関係さえ創ってしまえばマネタイズはあとからいくらでもできる。

幸運にも、この信頼関係が築き上げられる一連のプロセスを前職で目撃することができた。これは今後の私の働き方の大きなヒントになってくれる。しかし、とてもじゃないが一朝一夕で身につけられるものではない。

だから、小さなことから積み重ねていくことにする。

嘘をつかない。言ったことはやる。約束の大小に関係なく、覚えて、守る。こんな当たり前なことでも、継続していくことは難しいもんだ。

そんなわけで、マーケティングについてしばらく考えてみることとする。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    #258. iPhone8はなぜ売れないのか?

    iPhone8はなぜ売れないのか?参照:Newsweek日本版…

  2. ビジネス

    159. 勝ち馬に乗る。

    全世界の大半の富をある一部の人たちが持ってしまっているように、その高い…

  3. ビジネス

    #227. 人間は「マジ」で感情の生き物だ。

    「人を動かす」というマネージメントは、ビジネスの世界でも重…

  4. ビジネス

    98. 時間は尊い。

    私は毎朝ボキャブラリー強化の自己流トレーニングを行なっている。先ほど終…

  5. ビジネス

    183. ショッピングに行くと疲れる謎が解けた。

    人間は「選択」する度に集中力を使っているそうだ。「あれにしよう…

  6. ビジネス

    #234. ジブンの市場価値を高める「3つ」のこと

    よく「モノの価値」って言葉を聞くけど、そもそも「モノの価値」ってナンダ…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#314. 記憶の整理 https://t.co/dbvqTOYjys
    about 3時間 ago
  1. ビジネス

    139.「今日1日をどう動かなければならないか」が見えてくる。
  2. ビジネス

    #286. マーケティングのフレームワーク
  3. ビジネス

    135. 釣りはなぜ面白いのか?
  4. ビジネス

    103.「やめられない、とまらない、かっぱえびせん♪」
  5. English

    #142. もしや…見つけてしまった英語の「掛け算九九理論」
PAGE TOP