ビジネス

#23. 隙間時間が人生を決める

先ほどニュースで東京マラソン2017で国内歴代最高の「2時間03分58秒」が記録されたと知りました。

『なんだこの記録!!』

どんな遺伝子を受け継ぎ、幼少からどんな生活を送り、どんなトレーニングを積み重ねれば成し遂げられるのでしょう。仮に私が駅伝形式で5人で走っても実現不可能な記録です。これがどのくらい凄い記録か、噛み砕いて見てみます。

 

自分で噛み砕いて物事を見る習慣

まずは2時間03分58秒が何秒なのか?1時間は60秒×60分なので、3,600秒。これが2時間で7,200秒。そこに180秒(3分)+58秒合わせて258秒。これを加える。

なな

なんと!

7,458秒で42.195キロの距離を走りきるわけです。こう考えると凄く短く感じませんか?更にこれを馴染みの深い時速で表すと、20.3km/h。分速だとなんと338m/minとなります。想像してください。1分間であの大きい400mトラックの3/4以上の距離を進む訳ですよ。

古い例えですが、カップラーメンを待つ3分間のうちに1km以上走る訳ですよ。ランニング好きな人は、キロ3分を42.195キロ継続すると言えば、こらがとんでもない記録であると理解いただけると思います。

1kmだけならまだしも、それを42.195キロ継続するのは同じ人類として信じられない能力の持ち主です。このように漠然と2時間03分58秒って凄いんだなーと思うだけではなく、噛み砕いてしっかり理解する習慣が大事。ミクロで理解するということでしょうか。

これはスポーツに限らず、数値で表される情報であれば何でも当てはまります。

 

生涯でタバコに3年間使っている!?

逆に、細かい数値で出されたときは、それをマクロに換算する習慣も大事ということ。

例えば、タバコを例に挙げて説明します。1本のタバコを5分で吸うとすれば、1日1箱で20本。つまり5分×20本=100分(1時間40分)が1日に費やす喫煙時間です。

それを1週間(7日)継続すると、700分(11時間40分)
1ヶ月(30日)だと、2,800分(4週間)+200分(2日)=3,000分です。
これで1ヶ月だけでも50時間(2日と2時間)費やしている計算になりますね。

それが1年となったらどうでしょう。

50時間×12ヶ月=600時間
なんと25日分の時間を喫煙に使っているのです。
これが20歳〜60歳までの40年間続いたとなると、1,000日分。

実に3年もの歳月を喫煙に充てることになります。何もこれはタバコだけに限りません。例えばスマホゲーム。これも平均すれば上記例と同じくらいの時間になるのではないでしょうか。これを読書や勉強、運動に充てていたらどうでしょう。確実に追いつくことが不可能な差が生まれることが容易に想像できると思います。

 

スマホを使うこと自体が悪いのではなく、何に使っているかが大事

日本と同様に最近は電車やバスの中でもスマホを使っている人が多いです。スマホを使うことを悪いと言って言っている訳ではありません。要は何に使っているか。

これだけです。

社会人時代の通勤時間に感じていたことは、いい歳したおじさんがスマホでゲームをしている姿を幾度となく目撃してきました。

その度に、”あぁこの人はもうこれ以上自分を向上させようとしていないんだな、このまま満員電車に揺られながら人生を終えていくんだな”、と悲しくなったことを鮮明に覚えています。向上心を失っているようにしか見えません。

まだ電車で寝ている人はマシ。なぜなら体力を回復させる意図で寝ているかもしれないし、その効果でその後の作業が捗るから。その寝ている背景を知らない私には否定する権利もありません。

実際、私も寝ることもあります。もちろん例を挙げたタバコで言えば、その時間を社内のコミュニケーションやお客さんからの情報収集に使えるメリットもあります。見方によれば、その時間を投資して人との時間を対価として受け取っている訳です。

ただ目的を持って、あえてそうしているということが大事。そこまで考えて行動している方には、ただ健康に気をつけて下さいとしか言える言葉がありません。

しかし、スマホゲームに関しては何か意図、目的があってやっているのかは疑問です。そのゲームの発信者の戦略にただ引っかかって、その会社の収益の為に利用されているようにしか思えないのです。

それを理解した上で、リラックスすることを目的にしているならば、その時間を少しでも短くするように提案します。スマホゲーム自体を否定していませんが、”その時間に対する感覚が鈍い人が多いな”と感じたのでこの場で発信させてもらいました。

 

隙間時間の見直しは人生の見直し

あなたのその5分、例えば読書や英単語を覚えることに使ってみてはどうでしょうか?という提案です。英単語であれば5分あれば10個は頭にインプットできます。インプットという言葉を使った理由は、この1回で覚えられるとは思っていないからです。

しかしこれが積み重なると隙間時間だけで1冊の単語帳を覚えることができます。それだけ隙間時間は偉大だし、その利用の仕方で人生で何かを成し遂げる為の時間にもなると本気で信じています。皆さんも隙間時間の使い方、見直して見てください。人生を左右する重要なテーマです。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    103.「やめられない、とまらない、かっぱえびせん♪」

    日本人ならば誰でも耳にしたことがあるだろう。この曲に集約されて…

  2. ビジネス

    #231. 元アルバイト先の居酒屋から学んだビジネスに大事なこと

    私は大学生のころ、八王子にある居酒屋でバイトをしていた。一見ど…

  3. ビジネス

    209. 時間を節約したければ、土器を作れ!!

    ある一定の時間をかけることで、時間の節約またはクオリティ・オブ・ライフ…

  4. English

    176. 自信を持つことで得られるもの。

    「自信を持つことは大事」と頻繁に言われる。しかし、「なぜ」大事…

  5. ビジネス

    #233. 「マネージャー」と「リーダー」に求められる役割の違い

    「マネージャー」と「リーダー」この両者の違いを言葉で説明できる…

  6. ビジネス

    #156. 英語学習者は野球のピッチャーに学べ。

    MLBのシカゴ・カブスに所属する上原浩治さんの著書、覚悟の決め方 …

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新】#248. ダルビッシュ有選手から学ぶ『マインドセット』 https://t.co/ME3tKhXIKq
    about 3日 ago
  1. ビジネス

    204. 自分の能力が「相対的」に高くなる場所を選ぶ。
  2. English

    38. スピーキングとテニスの共通点
  3. IELTS

    #16. IELTSライティングTask2 【まとめ】 4/4
  4. ビジネス

    132. 死ぬまでに世界中のフルマラソン100回完走してやる!!
  5. IELTS

    #17. IELTSリスニングのポイント 【予測力】 1/4
PAGE TOP