ビジネス

79. 自分が心から愛せるものを見つけること -スティーブ・ジョブス氏 スピーチ 2/3-

下記はスティーブ・ジョブズ氏が2005年6月12日、スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチ原稿の原文。

本日のテーマは好きなことを見つけるということ。これは簡単であるように思えて実際は難しい。『心のそこから打ち込めることを見つけ、それが仕事になるまで没頭すること』これが私の人生のテーマである。


(Photo by Pixabay)

(以下原文、同大リリースより)

My second story is about love and loss.

I was lucky I found what I loved to do early in life. Woz and I started Apple in my parents garage when I was 20. We worked hard, and in 10 years Apple had grown from just the two of us in a garage into a $2 billion company with over 4000 employees. We had just released our finest creation ―the Macintosh― a year earlier, and I had just turned 30. And then I got fired. How can you get fired from a company you started? Well, as Apple grew we hired someone who I thought was very talented to run the company with me, and for the first year or so things went well. But then our visions of the future began to diverge and eventually we had a falling out. When we did, our Board of Directors sided with him. So at 30 I was out. And very publicly out. What had been the focus of my entire adult life was gone, and it was devastating.

I really didn’t know what to do for a few months. I felt that I had let the previous generation of entrepreneurs down – that I had dropped the baton as it was being passed to me. I met with David Packard and Bob Noyce and tried to apologize for screwing up so badly. I was a very public failure, and I even thought about running away from the valley. But something slowly began to dawn on me I still loved what I did. The turn of events at Apple had not changed that one bit. I had been rejected, but I was still in love. And so I decided to start over.

I didn’t see it then, but it turned out that getting fired from Apple was the best thing that could have ever happened to me. The heaviness of being successful was replaced by the lightness of being a beginner again, less sure about everything. It freed me to enter one of the most creative periods of my life.

During the next five years, I started a company named NeXT, another company named Pixar, and fell in love with an amazing woman who would become my wife. Pixar went on to create the worlds first computer animated feature film, Toy Story, and is now the most successful animation studio in the world. In a remarkable turn of events, Apple bought NeXT, I returned to Apple, and the technology we developed at NeXT is at the heart of Apple’s current renaissance. And Laurene and I have a wonderful family together.

I’m pretty sure none of this would have happened if I hadn’t been fired from Apple. It was awful tasting medicine, but I guess the patient needed it. Sometimes life hits you in the head with a brick. Don’t lose faith. I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You’ve got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do. If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle. As with all matters of the heart, you’ll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking until you find it. Don’t settle.79

ジョブスはAppleをクビになったことがある


(Photo by Pixabay)

現在ブランドランキング世界No.1を誇るAppleはジョブスと友人の2人が設立した。企業が大きくなると、外部から経営者を招聘し経営を共にした。最初は上手くいっていたが次第に考え方に違いが生まれ、ジョブスはAppleをクビにされた。

『自分が設立した会社をクビにされることなんて考えられるか?』

ジョブスは数ヶ月間途方にくれ、この世界から逃げ出すことも考えた。だが、今まで自分がやってきたことが心から大好きであることに気づき、再びスタートを切ることを決意した。

その後、ジョブスはNeXTという新会社を設立。ジョージ・ルーカス氏が設立したルーカスフィルムのCG部門を買収し、Pixarを誕生させた。Pixarは世界的アニメーション制作会社であり、Toy Storyの生みの親だ。

今度はAppleがPixarを買収し、ジョブスは再びAppleに戻ることになる。このスピーチで『Appleをクビになったことが、それまでの人生で起きた中で一番最良の出来事』と語っている。

不遇に陥ったジョブスの活力となったのは、その仕事を心から愛していたことだ。好きなことだから、絶望的な状況に追い込まれても、そこからもう一度やり直そうという考えに至った。

好きこそ物の上手なれとは言うが、その物事を本気で愛し、取り組んでいる人間には勝てない。好きなものを早く見つけること、それを見つけるまで立ち止まってはならないとジョブスは語っている。

それが、最初のパートの見返りを求めず何事にも挑戦するという話に繋がっている。とりあえず興味を持ったことに取り組んでみて、好きになればとことんやってみれば良い。

それが仕事になれば最高の人生だ。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    80. Stay Hungry. Stay Foolish. -スティーブ・ジョブス氏 スピーチ 3…

    スティーブ・ジョブズ氏が2005年6月12日、スタンフォード大学の卒業…

  2. ビジネス

    48. どの山を登るかより、”どう登るか”

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  3. ビジネス

    182. 圧倒的なインプット、アウトプットができる人間は何が違うのか?

    一意専心の意味についての第二弾。今回はブレイクスルーについても関係する…

  4. ビジネス

    #214. その不安を排除できる唯一のものは「行動」し続けること。

    「なにもしていない」と頭に不安がよぎる。「なにもしていない」と…

  5. ビジネス

    73. 旅行でなく『旅』をしたい

    私は旅に出るとき、気をつけていることがある。それは、スタンプラ…

  6. ビジネス

    179. 再び感動を味わうために、しばらく離れてみる。

    人間同じ環境に居続けたり、同じモノを使い続けると「慣れ」が生じる。…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 相手を動かすには『信用』が必要。信用とは『数字』であったり、嘘をつかないなどの『人間として当たり前』のことを積み重ねられるか。「自分ならどんな人に信用賽銭を投げるか?」と自分に問いかけることで、自分がやるべきことが見えてくる。
    about 21時間 ago
  1. ビジネス

    84. 感動とストレスは両輪の関係
  2. ビジネス

    192. 楽しさの質は、年齢と共に変わる。
  3. ビジネス

    40. 人生は”日常の選択”で構成されている
  4. ニュージーランド

    41. 動物の祭典 KUMEU SHOW 2017
  5. ライフ

    #239. 人生をより冒険的かつ挑戦的なものにする唯一の方法
PAGE TOP