ライフ

#237. 子どもの「創造力」を養うために必要なこと

満たされている環境は、「創造性を養う」という観点から見れば、弊害になるかもしれない。

「制約・条件がある」ことで、人間は考える。頭を働かせる。

逆を言えば、「制約・条件がないと人間は考えない」ということ。

すべてが満たされていると、周りにあるモノを単に「処理・消費するだけ」になる。

これは大人だけでなく、子どもも同じ。

たとえば、南米ではサッカーボールも買えない子供たちが大勢いると聞いたことがある。その子供たちはサッカーをあきらめるのではなく、自分たちでも手に入れられるもの、ペーパーなどを使ってボールをつくり、裸足でプレーする。

ここで、「Cがないので、AとBを組み合わせて創る」といった想像力が養われる。

コーチもいないので、自分たちで考えてプレーをする。ときには人数に合わせて、ルールを変えたり、木をゴールに見立てたりして、自分たちのアタマで考える習慣がつく。これが、南米・アフリカ系の選手は予期しないプレーを見せると言われる理由だ。

ボールがたくさんある国では、ボールを蹴るところからスタートできるので、なにかを組み合わせたり、別のもので代用するという経験はしていないことが多い。

テクニックを教えてくれるコーチもいるし、設備が揃っていれば、筋力・体力をつけるトレーニングもできる。

ただ、これではすでに考えられマニュアル化されたモノを言われた通りにこなすことになるので、自分たちのアタマで考える習慣が身につかない。

教えられるのもはすでに誰かが考えてくれ、「完成されたモノ」であるため、創造性には欠ける。

とくに成長いちじるしい10代前半くらいまでに、「満たされていない環境に子供を置くこと」は、創造性の観点から見れば大事である。

すべてを与えるのではなく、「目的を達成するためには、いま手に入るなにを組み合わせればいいのか?」とアタマを働かせる必要のある環境に身を置いてあげること。

正解ではなく、「納得できる解」を見つけられる能力。

この能力こそが、大人になったときにかけがえのないものだとわかる。

一人ひとり求めることが違う時代だからこそ、このクリエイティブさが必要だ。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ライフ

    #248. ダルビッシュから学ぶ『マインドセット』

    米国メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースに所属するダルビッシュ有選…

  2. ライフ

    #305. 文章化することの意味

    文章化は、頭のわかった気を防ぐ。不足点が明確になる。頭…

  3. ライフ

    #298. 本当の実力

    プレッシャーのかかった状況下で普段通りの実力を発揮すること。例…

  4. ライフ

    #300. 人を動かすには、マイナス面を取り除いてあげること

    人を動かすには、人参をぶら下げるよりも、障壁を取り除いてあげること。…

  5. ライフ

    #335. 引き寄せの法則

    人間、実現できるのは自分の考えられる範囲内のことだけ。自分が想…

  6. ライフ

    #280. 自分の常識は、世界の常識ではない

    「一部の人間の行動が、その国の国民性を決めてしまうこともある。」…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 坂本龍一 死を垣間見てわかったのは、意外なことだった (BuzzFeed Japan) - 【Yahoo! JAPAN限定先行配信】 https://t.co/TthVZ2qJ3e
    about 3週間 ago
  1. ビジネス

    #258. iPhone8はなぜ売れないのか?
  2. ビジネス

    114. 「承認欲求」そして「自己正当」に生きる。
  3. ビジネス

    93. 測定できなければ、改善できない。
  4. ビジネス

    #232. ビジネスで必要な「ファンの作り方」
  5. ビジネス

    196. やる気があるから行動するのではなく、行動するからやる気が出る。
PAGE TOP