ビジネス

#234. ジブンの市場価値を高める「3つ」のこと

よく「モノの価値」って言葉を聞くけど、そもそも「モノの価値」ってナンダ?

いくつか例を挙げてみる。

1. 1万円の紙幣

2. 物質としての金(ゴールド)

3. イチロー選手の使用済みのユニホーム

4. 高校野球

5. 月間200万PVを誇るブログ

6. ハーバード大学出身という学歴

7. 3ヶ国語話せるという能力

8. ミシュラン三つ星のレストラン

9. Facebookというプラットフォーム

10. 家族・友人

ざっと10個挙げてみたが、これらに共通するものはなんだろう。

それは、「信用」、「希少性(または需要に対する供給の少なさ)」、「人への影響力・発信力」のいずれかに分類されるということ。

価値を価格という観点から順に見ていこう。

ご存知の通り、1万円札は日本銀行が発行している紙幣だ。1万円の紙幣そのものに1万円の価値はない。「この紙には1万円の価値がある」という買い手と売り手の相互信用の上に1万円の価値(モノ・サービス)と交換できる。

金(ゴールド)は産出量が決まっており希少性がある。需要と供給の関係から価格が決まる。買いたい人が増えれば価格は上がるし、売りたい人が増えれば市場に多く出回るので価格は下がる。つまり価値は変化する。

イチロー選手の着用済のユニホームは何万円もする価格で市場で取引される。素材は他のユニホームと変わらないのに、「イチロー選手が試合に使用した」ということがそのユニホームをレアにしている。その結果、価格が何倍もの値で取引される。

高校野球の甲子園は高校野球の全国大会であるが、毎年、大会開催期間には満員になるほどの人を動かしている。特に夏の甲子園となると、始発の電車で向かっても既に尋常じゃない行列ができておりチケットは入手困難。高校野球は他の競技にはない影響力・発信力を持っていると言える。

月間200万PVのブログは人への影響力・発信力。企業はこの1つの窓口を通すことで200万人への広告にも使える。インフルエンサーとしても機能するもの。

ハーバード大学出身ということの信用力。ハーバード大学を卒業する必要能力を持っているという証明。可視化しづらい能力の信用手形として学歴は機能している。相手に一種の安心感を与える。

3ヶ国語話せることは希少性。企業からの観点で見れば、1人雇えば、2ヶ国語しか話せない人よりも多くの仕事ができるのでコスパがいい買い物となる。英語に加え、マイナーな言語が話せるほど希少価値が高まる。

ミシュラン三つ星という信用、そして希少性。

Facebookは何十億人への発信力・影響力。1つの投稿で世界中の人間に発信でき、影響を与えられる。

家族・友人は代替不可能。つまり希少性。

こう分析すると「自分の価値を高める=『信用』『希少性』『影響力・発信力』を高める」ということが見えてくる。

もしあなたが自分の市場価値を高めたいならば、この3つを高めることをオススメする。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    #258. iPhone8はなぜ売れないのか?

    iPhone8はなぜ売れないのか?参照:Newsweek日本版…

  2. ビジネス

    #200. 「終わり良ければすべて良し」は本当なのか?

    「終わり良ければすべて良し」という言葉が日本にある。心理学では…

  3. ビジネス

    119. 人生は「時間配分」で決まる。

    自分に与えられた1日24時間をどう配分し能力を伸ばしていくか。…

  4. ビジネス

    #8. モーニング・パーソンのすゝめ

    今日の記事は私の社会経験から学んだ、”睡眠"と"仕事の効率”に関する記…

  5. ビジネス

    73. 旅行でなく『旅』をしたい

    私は旅に出るとき、気をつけていることがある。それは、スタンプラ…

  6. ビジネス

    105. 身銭を切ることで買えるもの。

    「吸収力」だ。身銭を切ることで「吸収力」を購入できる。…

エラー: Invalid or expired token.
  1. ビジネス

    192. 楽しさの質は、年齢と共に変わる。
  2. ビジネス

    119. 人生は「時間配分」で決まる。
  3. ビジネス

    #211. つき合う人間、身を置く環境で人生は決まる。
  4. MBA

    57. 後回し=時間の借金
  5. English

    #327. 否定語の復習
PAGE TOP