MBA

#55. 日本人としてのアイデンティティ

先週土曜日よりMBAが開講してから、もうすぐ1週間。MBAは基本土日の9:00-17:30が授業。

つまり2日で16時間の勉強となります。長い!

記念すべき初授業はOBL(Organizational Behabior and Leadership)という科目。簡単に言えば、「リーダーとして、どのようにして組織を活性化させていくか」というマネジメントの授業です。

リーダーの役割は部下のパフォーマンスを高めること

この授業の本質は、人間の行動は、感情に大きく影響を与えられること。その為、リーダーの役割は「いかにして部下のモチベーションを高め、Ineffective→Effective(非効率→効率)へ働き方を持っていけるか」ということです。(と私は理解しました)
特に私が面白いと感じたのはPygmalion effort(ピグマリオン効果)。これは心理的行動の中の1つで、「期待をかけられるとその期待に応えようとして成長率が高まる」現象。例えば、教師の期待値が高い生徒の成績は、期待値が低い生徒に比べて向上し易いというものです。

この話を聞いた時、今年の箱根駅伝で3連覇を成し遂げた青山学院大学の原監督や昨年プロ野球の日本一に輝いた日本ハムファイターズの栗山監督が真っ先に私の頭に思い浮かびました。両監督の共通点として感じるのは、厳しく畏れ多い指導者ではないということ。(メディアで伝えられる限り)

そして両者共に選手と近い距離に立って選手一人一人と向き合い、如何にしてその選手のモチベーションを高め、パフォーマンスを引き出していくかという点が上手いという印象です。ビジネスとスポーツで分野は異なりますが、共通点も多く非常に参考になります。

講義はもちろん全て英語。理解が大変。

講師はオークランド大学でも教鞭をとられた経験もある、Dr. John Tanというマレーシア出身の方。授業は講義をひたすら聞き続け、質問があればその場で質問し、回答してもらえるスタイル。最初からプレゼンやディスカッションをやるのでは?という心配も杞憂に終わりました。ふぅ..

言うまでもなく講義は全て英語。恐らく理解できたのは全体の50%程度でしょう。日本語でも難しいのに授業が猛スピードで進むので、追いつくだけでも一苦労。

MBAに入れたは良いものの、果たして卒業できるのか…

日本人としてのアイデンティティ

ここから先に私がこの記事で最もお伝えしたいことを書きます。それは日本人としてのアイデンティティについて。

この授業中、何か例を出す場合、Dr. Johnが私の名前を頻繁に使ってくれたのです。『Takahiro-san、Takahiro-san..』

クラスは40〜50人ほど、10カ国以上の生徒で構成されています。最初は日本人は1人だけだから覚え易いのかな?と思っていましたが、後にその理由が分かりました。

Dr. Johnが授業の途中に、日本に旅行で訪問した時の話をしてくれました。道に迷っているとき、近くの日本人に訪ねると目的地まで親切に連れて行ってくれたそうです。Dr. Johnはこの日本人の行動に非常に感動したとのこと。

と言うのも、別の国で同じ状況に遭遇し、近くの人に尋ねた際、『へっ』と不機嫌な顔をされ、そのまま立ち去られてしまったとのこと。たまたま聞いた人が悪かったのかもしれませんが、これで国の印象がガラッと変わってしまったそうです。

「この料理はシェフが作ってくれたもの。受け取れません」

日本でレストランでの出来事。

ある国では料理を持って来た際にチップを店員の方から要求して来たのに対し、日本ではチップを渡そうとすると、「この料理はシェフが作ってくれたもの。受け取れません」という返答が店員さんからあったそうです。

この旅行通じてDr. Johnの日本人に対するイメージがポジティブになったのです。それが私の名前を頻繁に、しかもsan付けで呼んでくれた理由です。私が異国の地で初めて会う人から優しく接してもらえたのは、紛れもなく日本でDr. Johnに対して親切にして下さった方々のおかげ。感謝しなければなりません。

世界中から集まっているクラスメートの中には、これまで日本人と話したことがないという人も少なくありません。Dr. Johnの旅行の例のように、私の行動や態度の1つ1つが日本人のイメージとして捉えられてしまう可能性もあります。それが皆さんが海外に行った際に影響を与える可能性も少なからずあります。

海外に来てから国民性の比較対象ができたので、改めて日本人の良さを感じる機会も多々あります。私は日本人としてのアイデンティティを改めて意識し、この日はMBA開講と同時に、日本の名に恥じない行動、態度を取っていこうと決意した日にもなりました。

何はともあれ18ヶ月の長期に渡る旅の幕開けです。

本当に大丈夫かな…

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. MBA

    54. MBA取得はアメリカだけじゃない!

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  2. English

    39. ”滑走路を断つ”という選択

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  3. English

    #218. 英語のプレゼンテーションがむずかしい理由。

    先週の土日はManaging Information and Tech…

  4. English

    124. 理論じゃない、必要なのは実践だ!!

    現在MBAを学んでいる身ではあるが、結局、シェフで…

  5. MBA

    #216. 試験に威力を発揮する脳の活用術。

    テストの準備方法に関して効果的な方法を見つけたぞ。この3つ。…

  6. MBA

    186. ベストを尽くす!!より、ベストコンデション!!

    経験上、「ベストを尽くす!!」より「ベストコンディションで挑む!!」と…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 吉野 雄介
    • 2017年 March 31日

    ブログは日本語で安心しました!笑
    充実してそうでかっこいいです!
    日本で外国人が困ってたら助けようと思いました!
    MBAとったら超凄いですよ!
    頑張ってください!

    • HIRO
    • 2017年 March 31日

    Mr.Yoshino
    コメントありがとう。吉野がコメントくれた最初の日本人だよ笑
    今後も定期的に更新してくので、思い出したらまた目を通してね〜。

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 相手を動かすには『信用』が必要。信用とは『数字』であったり、嘘をつかないなどの『人間として当たり前』のことを積み重ねられるか。「自分ならどんな人に信用賽銭を投げるか?」と自分に問いかけることで、自分がやるべきことが見えてくる。
    about 21時間 ago
  1. English

    185. 自分視点の正しい英語ではなく、相手視点の「理解しやすい」英語を話す。
  2. ビジネス

    133. 「多動力」に学ぶ、現代の生き方。
  3. ビジネス

    #200. 「終わり良ければすべて良し」は本当なのか?
  4. ビジネス

    #177. 当事者意識を持つ
  5. ニュージーランド

    50. ”本格釜焼きマルゲリータ”を楽しむマーケット
PAGE TOP