ビジネス

168. 主観性、客観性、論理的、そして感情論

情報に触れる際には、それの主観性、客観性、論理的なのか、感情論なのかを理解していなければならない。

思考停止でなんでも鵜呑みにしていると、騙される。

たとえば、論文や履歴書、ビジネスの情報には極力、主観性、感情論を排除するように努めなければならない。

長い距離泳げます、早く走れますではなく、100m泳げます、50メートル6秒で走れますが求められる。

説得力を持たせるならば数字が必要。

意見、説明、文章を客観性、論理的にするには数字が大事。

数字ほど説得力のあるものはない。数字には自分の偏見や固定観念、好き嫌いが含まれていない事実であるため、信用するに値する。(もちろん数字が間違っていたり、意図的に操作されていることもあるが)

優秀なバッターは「たくさん打てます」ではなく、「3割という数字」での証明だ。

「自分の意見は客観的か、論理的であるか。主観や感情論をあたかも人類共通の考えであるように話していないか」普段から意識する習慣をつけたい。

主観や感情論を話す時には、それを前もって言っておく。相手を勘違いさせるのも悪だ。

客観性、論理的であること。これは他人の話を聞くときも同じ

相手が主観や感情論で話していると察知すれば、鵜呑みにするのは控えること。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    153. 経験として蓄積させる自問自答

    私たちが成長していく過程で、いつのまにか固まっている「型」まだ…

  2. ビジネス

    154. 失敗の積み木を積み重ねることで、この社会システムの攻略法を気づいてしまうのではないか。

    手垢ベトベトの言葉で恐縮だが、まず強く意識しなければならないのは、失敗…

  3. ビジネス

    70. 幸せな人生にお金は必要か?

    『年収◯◯万以上が一流の条件』このような言葉がメディアでは頻繁…

  4. ビジネス

    155. 私は暇なのかもしれない。

    世の中は少数の仕掛ける側と大勢の仕掛けられる側で構…

  5. ビジネス

    100. なぜ多くの人は、お金には敏感なのに、時間には鈍感なのだろう?

    人生における時間は上限が決められている。時間は財産だ。つまり増…

  6. ビジネス

    104. 考え続ける人間が強い。

    You Tubedで偶然見つけたある動画で武井壮さんがこんなことを仰っ…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 相手を動かすには『信用』が必要。信用とは『数字』であったり、嘘をつかないなどの『人間として当たり前』のことを積み重ねられるか。「自分ならどんな人に信用賽銭を投げるか?」と自分に問いかけることで、自分がやるべきことが見えてくる。
    about 21時間 ago
  1. ビジネス

    152. 「書道」をやっていると、なんで字が上手くなるのだろう。
  2. ビジネス

    #229. まさに、人間の「本性」はココに出る!!
  3. ビジネス

    111. なぜ炎上は起こり続けるのか?
  4. ビジネス

    #220. ブログはいかに簡単に伝えるか選手権。
  5. フィリピン

    #65. フィリピン留学という選択肢
PAGE TOP