ライフ

#240. なぜ、Amazonランキングの上位本がいつも同じような内容なのか?

「なぜ同じような本が売れ続けるのか?」

それも「自分を変えたい系」の人が読むであろう本はいつもAmazonランキングの上位にある印象が強い。

事実、私もその中の一人。

多くの人と同じように、本を読み終わった直後は「変わろう!!ガンバロウ!!」となるが、結局、1週間も続かない。

1週間はウソだ。3日はおろか、その日中に忘れることもある。

つまり、読み切った時点で「満足・完了」なのだ。

まるで、映画を見るような感覚。

実際に行動に移せる人間は少ない。

そして「変われない自分」に嫌気がさし。同じような本をまた手にする。

「今度こそ変われるかな..」と淡い希望を抱いて。

でも、このままでは一生「そのまま」で終わる。

本を読むことは、たしかに重要。

なぜ重要かというと、著者が人生をかけて学んだエッセンスが書かれているから。

著者の脳を通じた世界が見れる。

著者の脳とリンクでき、新たな視点が得られる。

先人たちがすでに答えを出していることに、そのまま乗っかれる。

つまり時間の節約。

答えがあるなら、そこから自分はスタートを切れる。

地図がなければ、自分で考えて迷いながら手探りで探さねばならないが、地図役割を果たしてくれるのが、本。

「時間を買う=読書」とも言える。

だから、読書をしている人とそうでない人は日常の見え方が変わる。

もちろんこれは理想論。

実際には、多くの人が本にインスパイアされたとしても、沸騰したお湯が冷めるように、自分の中の情熱も冷めていく。

1週間くらいは温度を保てるかもしれないが、ほぼ確実に冷める。

やっぱり行動を起こすことでしか、人生は変わらない。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ライフ

    #283. 読書は脳のエクササイズだ

    これは読書推しの読書推しによる読書嫌いの人のための記事である。…

  2. ライフ

    #104. 考え続ける人間が強い

    You Tubedで偶然見つけたある動画で武井壮さんがこんなことを仰っ…

  3. ライフ

    #264. 馴染みという武器

    理解のハードルを下げる「処理流暢性」に注目せよ!人間心理の盲点…

  4. ライフ

    #297. セオリーは所詮、机上の理論でしかない

    英語のセオリーを覚えても、実戦ではなかなか使い物にならない。理…

  5. ライフ

    #294. 戦略的マーケティング

    文章化は『わかったつもり』を防ぐために役立つ。あとは人に教えるというこ…

  6. ライフ

    #271. マルチタスクと食事の満足感

    時間の効率化のために2つ以上のことを同時に行う『マルチタスク』について…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 坂本龍一 死を垣間見てわかったのは、意外なことだった (BuzzFeed Japan) - 【Yahoo! JAPAN限定先行配信】 https://t.co/TthVZ2qJ3e
    about 3週間 ago
  1. English

    #212. さて、初心に帰ろう。
  2. ビジネス

    84. 感動とストレスは両輪の関係
  3. English

    #217. 英語のライティング、スピーキングに伸び悩んでいる人へ。
  4. ビジネス

    #210. 食事=究極のエンターテインメント
  5. ビジネス

    #122. 人間って単純な生き物。
PAGE TOP