ビジネス

190. 睡眠の優先順位を高める。

「睡眠は人生の基礎」である。

この睡眠で人生の成果は確実に変わってくる。

睡眠不足では感動を味わえないし、睡眠不足であるだけで幸福度指数は下がる。

NZの生活は日本のそれと比べて2時間くらいは生活リズムが早いと思う。私はNZの生活リズムの方が好きだ。

何時間寝るかも大事だが、「何時の間に寝ているか」も同じくらい大事だと思う。

睡眠のゴールデンタイムは22時-02時。この時間に寝ていられることで、ものすごい速度で充電できる充電器に接続されているようなものだ。睡眠不足ではスマホでいう充電不足。日中にバッテリーが切れる。

睡眠不足であることは、細胞に回復の時間を与えないことであり、100→30(日中で70消費)→80(睡眠で+50)→20(日中で60消費)→70(睡眠で+50回復)とイメージのように細胞が回復し切れずに朝を迎える。そして日中は集中できずにイライラしやすくなる。感動するものに対しても心は動かない。

睡眠をしっかり取れていない人ほど、効率が悪く、仕事も勉強もはかどらない。

なぜなら日中に覚えたことが記憶できないし、集中力も手に入らないからだ。そこで時間でカバーしようとして睡眠時間を削る。恥ずかしながら、私はこの睡眠と記憶の仕組みに対し大学時代まで無頓着であったため、学校での勉強は大した成果を上げられなかった。

できる人ほど、寝ていると思う。社会人時代も睡眠を確保できておらず、日中の生産性は悪かった。

睡眠をしっかり8時間ほど確保していると、日中の集中力が異なる。頭がクリアになるのだ。不思議と思考もポジティブになる。積極性も増す。自転車でたとえるならば、一漕ぎで何倍も進む推進力を得られるイメージ。

行動のコスパが良くなる。肌も綺麗になる。寝ている時に細胞が新しくなる。つまり、睡眠中に日中学んだことが浸透し、実際に体が新しいものに生まれ変わり、進化する。この時間を与えないでいくら日中頑張っても非効率過ぎる。

睡眠=進化の時間。

そして、睡眠は「物覚えの良い体質」を作る。

そこで私は睡眠のさまたげになることは今後人生から極力排除することに決めた。お酒を飲んだ後は睡眠が浅くなるため、遅くから飲むのであれば量を抑え、ある程度飲むのであれば早めの時間に飲みたい。

飲みに行くのは好きなので、禁酒という選択肢はない。その代わりあらかじめ自分で決めた時間には飲み終えるようにする。(あくまで目標…)

そして寝る前の1時間ほど前にお風呂に入り、そのあとはストレッチと読書で寝る体制を整える。お風呂から出たらスマホもPCも開かず、Wi-FiもOFFにする。22時にはベッドに入っていたい。そうすれば翌朝から活動的に行動できる。朝の空気は気持ちが良い。

睡眠の優先順位を上げてみることで人生は変わる。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    89. 身近にある最高の投資

    それは読書だ。わずか1,500円程度で成功者の頭の中身を覗ける…

  2. ビジネス

    140. ポケモンセンターの中を1日中歩いていても、経験値は0だ。

    人の能力が伸びるとき。それは「問題」を解決し、そこで得た経験値…

  3. ビジネス

    #227. 人間は「マジ」で感情の生き物だ。

    「人を動かす」というマネージメントは、ビジネスの世界でも重…

  4. ビジネス

    153. 経験として蓄積させる自問自答

    私たちが成長していく過程で、いつのまにか固まっている「型」まだ…

  5. English

    128. 継続すること自体に価値がある。

    同じことをしていても、毎日継続していると「ポイント意識」が変わってくる…

  6. ビジネス

    201. プロ野球選手でピーク・エンド・セオリーを考えてみる。

    前回ブログで「ピーク・エンド・セオリー」について書いたが、実例を用いて…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新】#248. ダルビッシュ有選手から学ぶ『マインドセット』 https://t.co/ME3tKhXIKq
    about 3日 ago
  1. ビジネス

    104. 考え続ける人間が強い。
  2. English

    #222. みんな知ってる?インスタグラムならぬ「バナナグラム」🍌
  3. IELTS

    35. 英語リーディング向上計画 1/2
  4. ビジネス

    169. 商業的価値は「影響力の大きさ」に比例する。
  5. ニュージーランド

    #2. 毎週無料!ヨガ体験
PAGE TOP