ビジネス

#170. 一次情報は事実であり、二次情報は解釈だ

一般的に、情報には一次情報、二次情報がある。

一次情報は事実であり。二次情報は解釈だ。

客観と主観とも言えると思う。

例えば、一次情報は食材で、二次情報は料理のようなイメージ。二次情報は誰かによって加工されたものであり、書き手の主観、バイアス、ステレオタイプが必ずかかっている。書き手も人間。欲求も煩悩も感情も悩みもある。書いたその日の体調もある。奥さんと揉めていれば、それが情報にも反映されるし、好き嫌いも関わってくる。同じ書き手、同じトピックでも日によって書く内容は異なる。

こんなものだ。注目を引こうと思えば誇張するし、コメントの一部を悪意に切り取った「切り取りハラスメント」も当たり前の時代。

特に注目を集めるためることだけに注力した記事など、読んでいるだけで人生の損失と思う記事もある。

メディアは伝えるべき社会的意義のある情報は伝えず、人の注目を集められるような内容の情報を更に味付けし、発信することも頻繁にある。ネットリテラシーがこれまで以上に求められる時代。

食べログの☆マーク信仰者になっていた頃が恥ずかしい。あんなもの実際に行っていなくても評価できるし、店主が知り合いならば高評価となる主観の塊サイトだ。

一次情報を咀嚼し、消化しやすくしてくれているものもある。でも加工はされている。たとえば、天気予報で気温30℃という情報は一次情報に極めて近い二次情報かもしれない。

二次情報の価値は、書き手の思考を感じる情報であるとも言える。その人の脳を通過することによって、素材がどのような形に料理されるのか。これも面白い。「自分だったらこう料理するけど、この人はこうなのか」と学びになることも多い。

しかし問題なのは、二次情報を二次情報と認識しないで鵜呑みにするということ。全てを事実のように受け取ること。主観。バイアス、ステレオタイプの存在を忘れること。

特にニュースサイトのコメント欄。

これは二次情報を更に加工した三次情報である。テレビのコメンテーターの発言も三次情報。事実ではなく、解釈、意見。真実でないことに踊らされるのも滑稽だ。このブログも三次情報だろう。ネットリテラシーが以前よりも高まっていると思うので、真に受ける人は少なくなっているとは思うが、それでも感染は起きている。

その原因が「これは◯次情報」という意識が抜けていること、もちろん「一次情報」が頭に入っていないこと。自分が見たもの、経験したものでなければ、常に疑ってかかること。情報の発信者も経験していなければ、信じるのは危険だ。

私は実際に経験した人の話でないと信じないようにしている。というか信じたくない。

ある人物のネガティブな意見を読んだら、感染し、少し偏見を持って見てしまうことはある。この感染小学校や中学校でのイジメの一因にもなっていると思う。

他人が聞いたことは二次情報、ましてやその人物が二次情報を参考にしているのであれば三次情報、人伝いであれば四次情報とキリがない。当たり前だが、多くを経由し数字が増えるほど、信憑性は低くなる。人は自分の都合の良いように物事を解釈するし、歪曲させる。

この情報の信憑性を見極める能力がこれからは更に大事になってくる。伝える側も、自分が書いた時点で解釈になっているということを認識した上で発信する責任がある。

一次情報以外は疑ってかかること。ネットリテラシーを高めること。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    77. 人と会話することで得られるもの

    テクノロジーの進化は私たちにコミュニケーションに『効率化』を与えてくれ…

  2. ビジネス

    191. 「どこに穴を掘るべきか」見極める。

    要領がいい人は、「その分野に関連する予備知識が豊富で覚えることが少ない…

  3. ビジネス

    131. 脳の勘違いを引き起こすために、妄想を綴る。

    人生をどう生きるか。自分の妄想を思いつくままに綴ってみる。目的…

  4. ビジネス

    181. 一意専心

    一定期間の一意専心について考えてみた。一意専心の意味、それは覚…

  5. ビジネス

    126. 少ない距離でも「毎日」走り続ける。

    昔から疑問に思っていることがある。3キロの距離を毎日走り続けて…

  6. ビジネス

    #232. ビジネスで必要な「ファンの作り方」

    前回記事では、私が元アルバイト先の居酒屋で学んだビジネスで大事なことに…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新】#248. ダルビッシュ有選手から学ぶ『マインドセット』 https://t.co/ME3tKhXIKq
    about 3日 ago
  1. ビジネス

    94. 大人になるにつれて失うもの。
  2. ビジネス

    102. 私たちの能力は、今いる環境に大きく左右される。
  3. IELTS

    #20. IELTSリスニング着眼点 【まとめ】 4/4
  4. English

    39. ”滑走路を断つ”という選択
  5. ビジネス

    104. 考え続ける人間が強い。
PAGE TOP