MBA

57. 後回し=時間の借金

皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。

今日は朝から不思議な現象が。目が覚めて時間を確認すると、スマホの時計は7:15、腕時計は8:15を指しています。

”あれ?スマホの時計がズレることが考えにくいし、腕時計も電波時計なので、ズレることはないと思うんだが…”

”あっそうだ、サマータイムが終わったんだ”

 

NZにはサマータイムという制度がある

昨晩ホストファミリーに”今日でサマータイムが終わるから午前2時になったら時計を1時間戻してね!”と言われていることを思い出しました。

ご存知の方も多いかと思いますが、NZにはサマータイム制度というものが存在し、4月の第1日曜日〜9月の最終土曜日までは国全体の時間が通常より1時間早く設定されています。

つまり正式であれば日本-NZ間の時差は3時間ですが、サマータイム期間はNZが更に1時間早い為、その時差は4時間となります。

私がNZに到着したのは昨年の10月14日。既にサマータイムが開始されおり、1時間早い時間設定の中に身を投じました。当時は、”あれ?時差は3 時間って聞いていたのに、何で4時間なんだ?”と思ったものでしたが、その理由を調べもせず、すっかり記憶から消し去られいました。

サマータイムは日本には存在しないので何か変な感覚。

という訳で、今日から通常の3時間の時差に戻ります。今年で言えば4月2日の午前2時に1時間戻るので、夜が1時間長くなります。つまり長く寝れるという嬉しい誤算が。サマータイム制度ありがとう。

9時から始まるMBAの授業はサマータイム解除に関係なく前日と同じ時間に開始されるのでは…と心配しましたが、授業もサマータイム解除に対応し、前日より1時間遅く開始されました。(昨日の授業で案内してくれよ!)

教室の時計は10時を指していますが、ここから授業がスタート。

 

勉強しておけば良かったアカウンティング

本日の授業はAccounting Frameworkというアカウンティングの基礎。講師はProf Richardさん。AISの校長先生です。内容はBalance sheet(貸借対照表)を作成するというもの。この授業は選択科目であり、過去にアカウンティングを学んだ人は受講しなくてもOKなのです。

私は経済学部の出身ですが、大学時代は勉強に対する熱意は全くなかった為、アカウンティングはほぼ頭に入っておりません。友人には大学では経済を学んでいたと話していたのに恥ずかしい…

しかも英語での説明の為、良く理解できません。

うーん…

お昼休み

うーん…

結局中途半端な理解で授業が終了。

 

後回しは時間の借金

前述の通り私は経済学部を卒業し、会社でも簿記の取得を推奨されており、”アカウンティングを勉強しなければならない”と感じる機会は多々ありました。

”いつかやろう”と思っていたのの、その”いつか”はやって来ず、ここでその”いつか”と出会う羽目に。要するに後回しにしてきたツケが今になって回って来ただけです。”後でやればいい”は、単なる時間の借金。

今回の様に必ず後で乗り越えなければならない壁となって立ちはだかります。しかも、ほとんどの場合、それは大きく成長して帰ってきます。まるで大海原に旅立った鮭の稚魚の様に…

アカウンティングの神様は私を逃してくれませんでした。しかも日本語で理解しておけば英語でも理解し易かったものの、英語で学ばねばならない状況なので、さらに負荷が大きい。

今まで80%の負荷で乗り越えられたものが、”後回し”によって120%の負荷がかかる状況に自分で自分を追い込んでしまったのです。自業自得。悪いのは紛れもなく自分自身。

何か気が進まないことに取り組むのは、正直めんどくさい。腰が重くなる。しかし、その場で解決しておけば後の”スーパーデラックスめんどくさい状況から自分を守る”ことができる。本当に時間の使い方が上手い人は、決して後回しにしない人だと私は思います。めんどうは後回しにすることで雪だるま式に大きくなってしまうのです。

そんなことを身に染みて感じた1日でした。

さーて、どうしようか。。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. MBA

    59. マインドセットって何なの?

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  2. ニュージーランド

    162. 制約があるからこそ、思考し、創意工夫は生まれる。

    プロ野球に限らないが、アスリートは歳を重ねれば体力が落ちていき、パフォ…

  3. ニュージーランド

    #221. スカイタワー「20周年」アニバーサリー🇳🇿

    オークランドの真ん中に、デデンッとそびえ立つスカイタワー。スコ…

  4. ニュージーランド

    34. Parnell フレンチ マーケット散策!

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  5. ニュージーランド

    #10. 『手段』と『内容』の両立

    皆さんこんにちは。子供の頃から雨が苦手なHIROです。梅雨に入ったとい…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新】#248. ダルビッシュ有選手から学ぶ『マインドセット』 https://t.co/ME3tKhXIKq
    about 3日 ago
  1. IELTS

    #19. IELTSリスニングのポイント【音の観点】 3/4
  2. English

    134.「スピーキングは一人では鍛えられないという思い込み」をぶち壊そう。
  3. ビジネス

    #170. 一次情報は事実であり、二次情報は解釈だ
  4. ビジネス

    #231. 元アルバイト先の居酒屋から学んだビジネスに大事なこと
  5. ビジネス

    106. 圧倒的なスピードは「武器」である。
PAGE TOP