English

143. 「英語の上達が早い人」が恐らくやっているであろうこと。

一時は歴史的大発見かと思った「英語の掛け算九九理論」

せっかくなので、もう少し掘り下げてみようと思う。私は諦めが悪いのです。

皆さんが掛け算九九を覚えたとき、「なぜこうなるんだろう?」という思考では覚えなかったと思う。ひたすら繰り返し、繰り返し覚えて、スムーズに話せるようになったら喜んで…いつの間にか「無意識」で唱えられるようになっていたはずだ。

英語を第二言語で学んでいる人間にとっては、「意識の大きさとスムーズさは反比例の関係」となる。脳で意識すると、脳の中の文章を読もうと思い、「棒読み感」が出てくる。

だが、興奮して英語を喋っている時は「無意識状態」になっている。喋ろうとする文章を脳で意識しないで喋る方がスムーズなのだ。

だからスムーズになるためにはこの「意識」を取っ払ってあげる必要がある。

それには繰り返し、繰り返し脳から英語を「意識的」に引っ張り出すプロセスが必要になる。これがやがて「無意識への昇華」となる。

この無意識への昇華を促進させるのが、唱えた回数となる。その機会を「意図的」に増やすのが、掛け算九九のように感情抜きにして唱えまくることだ。機会は自ら作り出さなければ、無意識までの昇華に持って行くまで途方もない時間を要する。

上達の早い人は、この無意識への昇華の時間を「自発的」に自分で買っている人間だ。これを意識・無意識に関わらずやっている。機会は待つのではなく、自ら作り出すことで時間を短縮できる。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    #208. コミュニケーションを取るから、言語を覚える

    言語を覚えるからコミュニケーションが取れるのではなく、コミュニケーショ…

  2. English

    129. 海外のお供として私がオススメするもの。

    私はKindleを重宝している。Kindleさえあれば、海外に…

  3. English

    189. 英語は「体・技・心」

    日本では一般的に「心・技・体」の順序で広まっているが、英語ではこの順序…

  4. English

    92. 周囲から可愛がられる人間の特徴

    周囲から可愛がられる素質は組織で生きていく上で大事。能力が足りなくても…

  5. English

    134.「スピーキングは一人では鍛えられないという思い込み」をぶち壊そう。

    色々試行錯誤しながら英語を学んでいる中で、最近気づいてきたことがある。…

  6. English

    52. NZの小学生はどのように発音を習っているのか?2/3

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 相手を動かすには『信用』が必要。信用とは『数字』であったり、嘘をつかないなどの『人間として当たり前』のことを積み重ねられるか。「自分ならどんな人に信用賽銭を投げるか?」と自分に問いかけることで、自分がやるべきことが見えてくる。
    about 21時間 ago
  1. ビジネス

    #213. とりあえず水の中に入り、バチャバチャもがく。
  2. ビジネス

    42. ”質問力”について考える
  3. ビジネス

    154. 失敗の積み木を積み重ねることで、この社会システムの攻略法を気づいてしま…
  4. ビジネス

    119. 人生は「時間配分」で決まる。
  5. ニュージーランド

    141. オークランドでNZ運転免許証を取得する簡単2ステップ。
PAGE TOP