過去の記事一覧

  1. ライフ

    #304. 午前中はネットに繋がない

    いかに時間を消費させようとしてくる網をかいくぐれるか。スマホをイジっていると、どうしても漠然とした時間の使い方をしてしまうことが多い。つまり、集…

  2. ビジネス

    #303. 一芸必殺

    原監督は鈴木尚広氏の強みが最も生きる『文脈』で起用した。鈴木尚広氏は、自分の特徴を正確に見極め、そこに時間とエネルギーを投下し、一芸必殺を身につけた。…

  3. ビジネス

    #302. 人が動くきっかけのデザイン

    動くきっかけのデザイン。自分ポイント(他人からありがたいと思ってもらえるポイント、つまり自分の価値を感じられるポイント)が加算される状況をデザインしてあ…

  4. ライフ

    #301. 不完全なメモの可能性

    キレイに書かれたメモよりも、少し荒れているメモの方が頭に残りやすい。なんかそんな感じがする。多分、「ん?これなんだっけ」と記憶を遡るプロ…

  5. ライフ

    #300. 人を動かすには、マイナス面を取り除いてあげること

    人を動かすには、人参をぶら下げるよりも、障壁を取り除いてあげること。人間は歳を重ねるにつれて、過去の経験のデータベースができる。失敗してきたデー…

  6. ビジネス

    #299. 恋愛、仕事、そして釣り

    相手視点に立ち、どうすれば喜んでもらえるのか考えること。そしてそれを実行すること。これはマーケティングに通じるものである。前職の入社試験…

  7. ライフ

    #298. 本当の実力

    プレッシャーのかかった状況下で普段通りの実力を発揮すること。例えば、緊張してしまい普段の力の50%しか発揮できない場合、200の力をつけておくこと。そう…

  8. ライフ

    #297. セオリーは所詮、机上の理論でしかない

    英語のセオリーを覚えても、実戦ではなかなか使い物にならない。理論を実戦に置き換えるのが難しいのは、予想外のことが多いからだ。予定調和に進むはずが…

  9. ライフ

    #296. 仮説と検証の繰り返し

    仮説は、問いを持つことから始まる。問いは、不便な恐々にしか落ちていない。常識を疑い、問いを持つ。その問いに対して、仮説を立てる。…

  10. ライフ

    #295. 未知への遭遇ほど経験値になるものはない

    咄嗟の判断や予期せぬことに遭遇し、対処していくこと。修羅場を掻い潜ると、経験値が得られ、確実に能力が高まる。これを避けていると、経験値が得られず…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#314. 記憶の整理 https://t.co/dbvqTOYjys
    about 3時間 ago
  1. ビジネス

    #108. むむむっ!成功者の共通点が見えてきたゾ。
  2. ビジネス

    93. 測定できなければ、改善できない。
  3. ライフ

    #294. 戦略的マーケティング
  4. IELTS

    #11. IELTSの『リーディング』ってどんな内容なの?
  5. IELTS

    #6. IELTSのライティングについて知る
PAGE TOP