ライフ

#246. 「0→1」の点火スイッチは行動だけ

これまでなんども書いてきたが、人間はまぎれもない感情の生き物。

人間は感情によって動く。

なにかを行う場合、そこには確実に感情が介入している。

必要だからモノを買うのではなく、欲しい(感情)から買う。そして、そこに自分の行動を正当化する理由づけを行う。

感情が介入していないのは、「習慣化」された行動。

たとえば、歯磨き。

「めんどくさい」という気持ちはあるかもしれないが、ここにやる気は関係ない。

だが、習慣化されていないものだとどうだろう?

やったほうがいいけど、なかなか行動できないもの。

たとえば、ランニング。

「最近太ってきた、痩せたい、走らねば」と思っていても、実行に移せない人は多い。

あなたがこの立場にいて、「走りたくなる」感情を待っているのだとすれば、99%このままブクブク太り続けることになる。

この手の人間は「やる気が出てから行動する」という「感情主義」。

やる気など、自分から迎えに行かねば永遠にやってこない。

だから、「やる気出たら人間」は結局、行動せずに終わる。

環境が完璧に整うはずがない。準備万端は永遠にやってこない。進んでいるなかで状況は整ってくる。

感情主義は、逆を言えば「感情が出てくるまで動かない」ということ。自分に言い訳を与えているわけだ。

「まだ状況が整わない」「やる気が湧かない」。

ではなく、まずは動いてしまうこと。

感情が生じるから動くのではなく、「動くから感情が生まれる」。

走りたくなるのを待つのではなく、走り出してしまえば、そこには慣性が生まれ、走り続けたくなる。

ランニングに限ったことではないが、この0→1へ持っていくのは「行動」でしかない。

1にさえできれば、感情が生まれ、2にも3にも後押ししてくれる。

「行動主義」でいこう。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ライフ

    #239. 人生をより冒険的かつ挑戦的なものにする唯一の方法

    人生をより冒険的で、挑戦的なものにする唯一の方法を書く。それは…

  2. ライフ

    #266. オークランドマラソン2017を振り返る

    10月29日にオークランドマラソンに参加した。今回が自身9回目…

  3. ライフ

    #283. 読書は脳のエクササイズだ

    これは読書推しの読書推しによる読書嫌いの人のための記事である。…

  4. ライフ

    #153. 経験として蓄積させる自問自答

    私たちが成長していく過程で、いつのまにか固まっている「型」まだ…

  5. ライフ

    #304. 午前中はネットに繋がない

    いかに時間を消費させようとしてくる網をかいくぐれるか。スマホを…

  6. ライフ

    #282. グローバル人材の正体

    『グローバル人材」ってよく耳にするけど、これってそもそもナンダ?…

エラー: Invalid or expired token.
  1. ニュージーランド

    #22. 留学・ワーホリに対する「期待値」
  2. ビジネス

    #249. マーケティングってなんだろう?
  3. English

    #244. 英語シャワーで脳のプログラムを書き換える
  4. ビジネス

    #281. スキル至上社会
  5. ライフ

    #312. 時間の使い方
PAGE TOP