ライフ

#246. 「0→1」の点火スイッチは行動だけ

これまでなんども書いてきたが、人間はまぎれもない感情の生き物。

人間は感情によって動く。

なにかを行う場合、そこには確実に感情が介入している。

必要だからモノを買うのではなく、欲しい(感情)から買う。そして、そこに自分の行動を正当化する理由づけを行う。

感情が介入していないのは、「習慣化」された行動。

たとえば、歯磨き。

「めんどくさい」という気持ちはあるかもしれないが、ここにやる気は関係ない。

だが、習慣化されていないものだとどうだろう?

やったほうがいいけど、なかなか行動できないもの。

たとえば、ランニング。

「最近太ってきた、痩せたい、走らねば」と思っていても、実行に移せない人は多い。

あなたがこの立場にいて、「走りたくなる」感情を待っているのだとすれば、99%このままブクブク太り続けることになる。

この手の人間は「やる気が出てから行動する」という「感情主義」。

やる気など、自分から迎えに行かねば永遠にやってこない。

だから、「やる気出たら人間」は結局、行動せずに終わる。

環境が完璧に整うはずがない。準備万端は永遠にやってこない。進んでいるなかで状況は整ってくる。

感情主義は、逆を言えば「感情が出てくるまで動かない」ということ。自分に言い訳を与えているわけだ。

「まだ状況が整わない」「やる気が湧かない」。

ではなく、まずは動いてしまうこと。

感情が生じるから動くのではなく、「動くから感情が生まれる」。

走りたくなるのを待つのではなく、走り出してしまえば、そこには慣性が生まれ、走り続けたくなる。

ランニングに限ったことではないが、この0→1へ持っていくのは「行動」でしかない。

1にさえできれば、感情が生まれ、2にも3にも後押ししてくれる。

「行動主義」でいこう。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ライフ

    #337. シングルタスク

    2つ以上のことを同時に行う”マルチタスク”が現代にあっているかもしれな…

  2. ライフ

    #292. みんなと違うことが正解となる時代

    みんなと同じことをやることが褒められた学生時代。今思うとおかし…

  3. ライフ

    #237. 子どもの「創造力」を養うために必要なこと

    満たされている環境は、「創造性を養う」という観点から見れば、弊害になる…

  4. ライフ

    #335. 引き寄せの法則

    人間、実現できるのは自分の考えられる範囲内のことだけ。自分が想…

  5. ライフ

    #301. 不完全なメモの可能性

    キレイに書かれたメモよりも、少し荒れているメモの方が頭に残りやすい。…

  6. ライフ

    #264. 馴染みという武器

    理解のハードルを下げる「処理流暢性」に注目せよ!人間心理の盲点…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 「お笑いの外」への挑戦は必然 又吉直樹さんに聞く「人生100年時代」のキャリア(NIKKEI STYLE) https://t.co/b5Xa36WZAC
    about 3日 ago
  1. ビジネス

    #284. マーケティングっておもしろい
  2. ビジネス

    107. 自分の付加価値はナンダ?
  3. ビジネス

    #250. NZにあるホットウォータービーチの人気について考えてみる
  4. English

    #316. 完了形の復習
  5. ライフ

    #224. 「破壊」と「創造」を繰り返す。
PAGE TOP