ライフ

#246. 「0→1」の点火スイッチは行動だけ

これまでなんども書いてきたが、人間はまぎれもない感情の生き物。

人間は感情によって動く。

なにかを行う場合、そこには確実に感情が介入している。

必要だからモノを買うのではなく、欲しい(感情)から買う。そして、そこに自分の行動を正当化する理由づけを行う。

感情が介入していないのは、「習慣化」された行動。

たとえば、歯磨き。

「めんどくさい」という気持ちはあるかもしれないが、ここにやる気は関係ない。

だが、習慣化されていないものだとどうだろう?

やったほうがいいけど、なかなか行動できないもの。

たとえば、ランニング。

「最近太ってきた、痩せたい、走らねば」と思っていても、実行に移せない人は多い。

あなたがこの立場にいて、「走りたくなる」感情を待っているのだとすれば、99%このままブクブク太り続けることになる。

この手の人間は「やる気が出てから行動する」という「感情主義」。

やる気など、自分から迎えに行かねば永遠にやってこない。

だから、「やる気出たら人間」は結局、行動せずに終わる。

環境が完璧に整うはずがない。準備万端は永遠にやってこない。進んでいるなかで状況は整ってくる。

感情主義は、逆を言えば「感情が出てくるまで動かない」ということ。自分に言い訳を与えているわけだ。

「まだ状況が整わない」「やる気が湧かない」。

ではなく、まずは動いてしまうこと。

感情が生じるから動くのではなく、「動くから感情が生まれる」。

走りたくなるのを待つのではなく、走り出してしまえば、そこには慣性が生まれ、走り続けたくなる。

ランニングに限ったことではないが、この0→1へ持っていくのは「行動」でしかない。

1にさえできれば、感情が生まれ、2にも3にも後押ししてくれる。

「行動主義」でいこう。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ライフ

    #206. 「高集中力」を維持するために私が取り入れたこと

    日中は自分の能力を高める為に、1秒たりとも無駄にしたくない。その為には…

  2. ライフ

    #238. 成熟社会に求められる能力

    日本は「成熟社会」のまっただ中にいる。成長社会から成熟社会への…

  3. ライフ

    #336. 人間の価値

    人間に”怒りの感情”が芽生えるのはどんなタイミングなのだろう?…

  4. ライフ

    #252. 自分が納得できる人生を歩む

    思考・哲学、偏見や固定観念は、私たちの意思決定に大きく影響を与える。…

  5. ライフ

    #282. グローバル人材の正体

    『グローバル人材」ってよく耳にするけど、これってそもそもナンダ?…

  6. ライフ

    #241. 日本人であることの価値

    オークランドへ来てから、10ヶ月が過ぎた。ここは世界有数の「多…

エラー: Invalid or expired token.
  1. ビジネス

    71. 社会人留学のメリットについて考える
  2. ニュージーランド

    4. PIHAビーチでライオンロックに登る
  3. ビジネス

    135. 釣りはなぜ面白いのか?
  4. MBA

    #269. サービスマーケティング
  5. ビジネス

    68. 寓話『鎖につながれた象』から学ぶ人生の話
PAGE TOP