English

127. 人間、必要に迫られければ取り組まない。

英語も海外に出て生活する上で必要に迫られるから、最初は渋々使っていく中で脳の回路が洗練されていく。

物事に本気で取り組むのは「必要に迫られるかどうか」だ。

海外にいても日本人とばかりいると、必要に迫られないから上達しない。当たり前だ。使わなければ洗練されない。英語を鍛えるには脳に刺激を与える回数こそ重要で、質はそこまで重要ではない。ある程度のレベルまでは1つでも手数を多く出すことで上達していく。

MBAは私が「英語の必要に迫られるための手段」でもある。嫌でも英語を使わなければならない環境だからこそ、伸びていく。日本人が英語を喋れないのは、紛れもなく必要に迫られていないから。

何かを本気で上達させたければ、逃げられない環境に身を投じ退路を断つこと。これが一番手っ取り早い。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    51. NZの小学生はどのように発音を習っているのか?1/3

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  2. English

    175. コミュニケーションの起点はリスニング!!

    ここにきてリスニングってメチャクチャ大事だと最近強く感じている。…

  3. MBA

    164. MBAはただのレシピを学んでいるだけに過ぎない。

    MBAというなるものに取り組んでみて分かったことがある。シェフ…

  4. English

    #242. なぜ、日本人は英語が喋れないのか?

    インド出身のクラスメートたちは、インド特有のアクセントで英語を「堂々」…

  5. English

    #208. コミュニケーションを取るから、言語を覚える

    言語を覚えるからコミュニケーションが取れるのではなく、コミュニケーショ…

  6. English

    144. 日本人の英語上達速度が遅いのは、「バックグランドを活かせない」からだ。

    世間では、日本人は英語が苦手と言われているが「日本に住んでいる限り、必…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 相手を動かすには『信用』が必要。信用とは『数字』であったり、嘘をつかないなどの『人間として当たり前』のことを積み重ねられるか。「自分ならどんな人に信用賽銭を投げるか?」と自分に問いかけることで、自分がやるべきことが見えてくる。
    about 21時間 ago
  1. MBA

    54. MBA取得はアメリカだけじゃない!
  2. MBA

    #216. 試験に威力を発揮する脳の活用術。
  3. ビジネス

    184. 生活の中の「四則演算」思考
  4. ビジネス

    75. 人間関係の根底にあるもの
  5. ビジネス

    #220. ブログはいかに簡単に伝えるか選手権。
PAGE TOP