English

127. 人間、必要に迫られければ取り組まない。

英語も海外に出て生活する上で必要に迫られるから、最初は渋々使っていく中で脳の回路が洗練されていく。

物事に本気で取り組むのは「必要に迫られるかどうか」だ。

海外にいても日本人とばかりいると、必要に迫られないから上達しない。当たり前だ。使わなければ洗練されない。英語を鍛えるには脳に刺激を与える回数こそ重要で、質はそこまで重要ではない。ある程度のレベルまでは1つでも手数を多く出すことで上達していく。

MBAは私が「英語の必要に迫られるための手段」でもある。嫌でも英語を使わなければならない環境だからこそ、伸びていく。日本人が英語を喋れないのは、紛れもなく必要に迫られていないから。

何かを本気で上達させたければ、逃げられない環境に身を投じ退路を断つこと。これが一番手っ取り早い。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    203. 「音読」は言語の総合トレーニングだ!!

    音読は言語の総合トレーニングだ。昨日、ヘルシードリンクのKOM…

  2. English

    #35. 英語リーディング向上計画 1/2

    本日のテーマは英語リーディングの本質に迫ってみたいと思います。”なぜ英…

  3. MBA

    54. MBA取得はアメリカだけじゃない!

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  4. English

    #316. 助動詞の復習

    助動詞の役割は文字通り『動詞を補助する』動詞のニュアンスを明確…

  5. English

    #236. 英語を喋れるようになりたければ、まずバカになれ!!

    「留学してもなかなかスピーキングが伸びないのはなぜだろう...」…

エラー: Invalid or expired token.
  1. English

    #265. 英語を伝わりやすくする小技
  2. English

    #256. リスニング(音声知覚)を効果的に鍛える方法
  3. ライフ

    #62. 馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない
  4. English

    #330. 不定詞の復習
  5. English

    #290. 英語がクリアに聞き取れない原因
PAGE TOP