ライフ

#224. 「破壊」と「創造」を繰り返す。

「自分の置かれた環境を定期的に『破壊し、創造』する意味」

今日はこんなことを書いてみる。

ナゼ「こんなことを書こう」と思ったのか?

いま住んでいるシェアハウスのオーナーさんがイギリスへ帰国することになり、所有権がエージェントに移ったので新しく住まいを探さねばならなくなったのだ。

期限は8月24日までの2週間ちょい。うーん、意外と時間がない。

いまの家にはテラスがあり、そこで日光浴しながら勉強・読書をするのが好きだったので、とてもザンネン。しかし、もうどうしようもないので、おとなしく新居を探すことにする。

そんななか、考えた。

「人間、同じ場所に居続けると、居心地がよくなる」

「すると刺激が少なくなる」

「つまり、これって新しい気づきのチャンスを失っているんじゃないか?」

「目の前の生活を『当たり前』だと思って感謝のキモチが持てない」

「だから、定期的に居心地のいい環境を『破壊』してあげて、刺激を維持する」

「そして、新しい生活の『創造』の過程で、ゼロベースから生活を組み立てられる」

「結果、それまでのムダを省け、合理的な生活が手に入る」

「つまりこの引っ越しは、自分にとってものすごくいいチャンス」

ということを。

定期的な「移住」は、本来の人類のスタイルだ。

その昔、人間は狩りのため、定期的に移動しなければならなかった。生きるための食料を得るために、移動は必須だったのである。しかし、稲作が始まると、「定住」という概念が生まれる。その場所にとどまり、田んぼを代々受け継いでいくという新しいスタイルが生まれた。

僕はこの定期的な移住に立ち戻りたい。これまでも群馬、東京、大阪、フィリピン、ニュージーランドと定期的に移住をしてきたが、このサイクルをさらに早めたい。

漠然とした時間を過ごさないために、いま置かれた環境への感謝のキモチを高めるために。

自分の置かれた環境の定期的は「破壊」そして「創造」は「進化」をもたらしてくれる。

むしろ定期的に「破壊」しないと「進化」できない。

「創造」している最中は、「退化」に見えるかもしれないが、これは「進化」の過程。

さてさて、そろそろ家さがししないと。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ライフ

    #237. 子どもの「創造力」を養うために必要なこと

    満たされている環境は、「創造性を養う」という観点から見れば、弊害になる…

  2. ライフ

    #252. 自分が納得できる人生を歩む

    思考・哲学、偏見や固定観念は、私たちの意思決定に大きく影響を与える。…

  3. ライフ

    #238. 成熟社会に求められる能力

    日本は「成熟社会」のまっただ中にいる。成長社会から成熟社会への…

  4. ライフ

    #62. 馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない

    日本の英語教育に関して、”学校の授業は読み書き中心で、話す訓練が足りな…

  5. ライフ

    #298. 本当の実力

    プレッシャーのかかった状況下で普段通りの実力を発揮すること。例…

  6. ライフ

    #206. 「高集中力」を維持するために私が取り入れたこと

    日中は自分の能力を高める為に、1秒たりとも無駄にしたくない。その為には…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#334. 英語堪能=コミュニケーションスキル◎ではない https://t.co/KGkAHtaz1o
    about 2週間 ago
  1. ビジネス

    113. 頭が切れる人の特徴を考えてみた。
  2. ビジネス

    68. 寓話『鎖につながれた象』から学ぶ人生の話
  3. ライフ

    #300. 人を動かすには、マイナス面を取り除いてあげること
  4. ビジネス

    100. なぜ多くの人は、お金には敏感なのに、時間には鈍感なのだろう?
  5. English

    #257. 英語が喋れるようになる人と、そうでない人の違い
PAGE TOP