MBA

#164. MBAはただのレシピを学んでいるだけに過ぎない

MBAというなるものに取り組んでみて分かったことがある。

シェフでたとえると、これはただのレシピを学んでいるだけに過ぎない。レシピというよりも食材と調理器具の名前と使用方法を学んでいると言う方が正しい。

これだけでは美味しい料理を作れるようにはならない。

英語で言えば、勉強しているが、喋っていないようなもの。これでは喋れるようには一生ならない。教本マスターしても自動車を運転できるようにはならない。水泳の方法を覚えても、泳がなければ泳げるようにはならない。

机上の空論。

実践でそのまま活かせるとは到底思えない。それに出てくる理論はテクノロジーが発展する何十年も昔に作られた理論。現代の状況を想定していないもの。

つまりお客さんの志向が変わっているのに何十年も変わらない味を提供し続けているレストランのようだ。

現実は不確定要素が多すぎる。何十年も前に作られた理論だけで上手くいくはずがない。世の中そんな単純じゃない。理論は「統計的にはこの選択をする方が成功確率は高いよ、ただし当時の時代で」程度と認識しておくことにする

確率の高い選択はできるようになるかもしれないが、結局は料理や英語と同じように実践の中でしか本当の力は身につかない。問題に直面し解決していくプロセスの中で磨かれていく。実践こそ大事であり不可欠。

英語は実践のステージに入っているが、ビジネスはまだ勉強のステージだ。ここは理解しておく必要がある。「MBAを学んだからビジネスで通用する」など決してない。

実践こそだ。実践。実践。卒業してからが力を伸ばすステージ。つまりMBAは種まきの段階。

30代で種を育て、40代で収穫する。こんなところか。その期間をいかに短くできるか。成長の矢印の角度(↗︎)を高められるか。

ここまでボロクソに書いたが、MBAのプログラムを通じて私は下記のことを経験&身に付けたいと考えている。自分の取り組み方、志の持ち方次第で何とでもなると思っている。

  1. 多国籍のチームで同じものを作り上げるという経験
  2. プレゼン、ディスカッション、スピーチでも全く問題ない英語力
  3. 論理力、論理的思考、多面的思考
  4. 要点を見極め、それを簡単な言葉で置き換えて知らない人にも理解してもらえる能力(例えるならば、道案内や映画の要約が上手い人になる)
  5. 物事の共通点を見極められ、他分野に置き換えて理解できる能力
  6. 問題の本質を理解できること。優先順位の見極め、質問力の向上。

そして空き時間は創造のために時間に使うこと。将来への種まきを行うと決めている。

結局は自分次第だから。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. MBA

    186. ベストを尽くす!!より、ベストコンデション!!

    経験上、「ベストを尽くす!!」より「ベストコンディションで挑む!!」と…

  2. MBA

    58. ネルソン・マンデラ大統領に学ぶリーダーシップ

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  3. English

    124. 理論じゃない、必要なのは実践だ!!

    現在MBAを学んでいる身ではあるが、結局、シェフで…

  4. MBA

    #55. 日本人としてのアイデンティティ

    先週土曜日よりMBAが開講してから、もうすぐ1週間。MBAは基本土日の…

  5. MBA

    56. 宗教って何だろう?

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  6. MBA

    #261. 社会で”使える”人間になるために

    会社で使える人間ってどんな能力が必要なんだろう?1つ言えるのは…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#314. 記憶の整理 https://t.co/dbvqTOYjys
    about 3時間 ago
  1. ビジネス

    #76. 消費社会を生きる私たちが考えるべきこと -ムヒカ大統領スピーチ全文-
  2. ビジネス

    75. 人間関係の根底にあるもの
  3. ビジネス

    21. 『考える習慣』と『正しい努力』
  4. English

    #175. コミュニケーションの起点はリスニング
  5. ビジネス

    #122. 人間って単純な生き物。
PAGE TOP