English

174. 英語を話している自分に酔うのだ。酔え!

カラオケと英会話って精神的な面で似ていることがあると思う。

私はカラオケが苦手。歌自体も下手だが、何より「恥ずかしい」。だが、歌うこと自体は嫌いではない、歌うとスッキリして気持ちがいい。酔った時にカラオケでみんなで盛り上がるのは楽しい。

だが、どうも精神的に苦手なのだ。

「歌が下手だから恥ずかしいのか」それとも「恥ずかしがっているから下手になるのか」どっちかわからない。だが、私が思うに両方に該当すると思う。

もともと歌は上手くない。小学生時代に気づいてしまった。当時は「ヘタだと気づかれたくない」という可愛いプライドからふざけて歌っていた。

「恥ずかしがる」ことで心の中にモジモジ君が現れ、さらに下手に聞こえさせる。「恥ずかしい→声が小さくなる&音楽に合わせにいく→聞こえづらい&音程ずれる→下手だなコイツ」というサプライチェーンである。

しかし、「いっそのこと開き直って、自分の歌に酔っているくらいの感覚で歌う方が上手く聞こえる」とあるときふと気づいた。「歌の上手い下手ではなく、振る舞いを正せさえすれば、うまく聞こえてしまうのではないか?」と。

「自信を持って歌っている人の歌は、どうもうまく聞こえてしまう理論」の発見だ。

英会話でも「恥ずかしい感情」「恥」は自分と相手の間にノイズのフィルターを生じさせる。そしてスムーズさも吸い取られ、さらに相手に伝わりにくくなる。

恥ずかしがっているだけで、英語は下手に聞こえる。

実際には正しいのに、自分で相手に伝わりにくくさせてしまっているだけかもしれない。単に声が小さかっただけで、相手が聞こえなかっただけかもしれない。自分の英語が間違っていると思うなんてもったいない。というよりムダ。

「恥ずかしいという感情をいかに排除するか

英語はメンタルスポーツだ。

この感情を排除するためには、「英語を話している自分に酔っている状態」にすること。するといい感じに伝わる。「英語を話しちゃっている俺、本当にカッコいいな〜」と本気で思い込むのだ。

私は最近、「聞こえないのは相手のリスニング力が弱いだけ」とネイティブ相手にでさえ思うように決めている。

思い込みは強い。根拠なんていらない。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    #245. テラスハウスで英語を鍛える

    最近、テラスハウスのALOHA STATEをNETFLIXで視聴してい…

  2. English

    #313. 英語での電話のむずかしさ

    電話での英語は、相手の表情や雰囲気が分かりづらいので難しい。あ…

  3. English

    #306. 英文法を総復習

    久々に英文法を総復習してみた。記憶があいまいになっている点もあ…

  4. English

    #77. 人と会話することで得られるもの

    テクノロジーの進化は私たちにコミュニケーションに『効率化』を与えてくれ…

  5. English

    #276. 英語の『意味理解』を鍛える方法

    「英語を理解する」とはどういうことなんだろう?噛み砕いて見てみ…

  6. English

    #222. みんな知ってる?インスタグラムならぬ「バナナグラム」🍌

    「英語の勉強において単語を覚えることは大事だ」とは思ってはいる…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#314. 記憶の整理 https://t.co/dbvqTOYjys
    about 3時間 ago
  1. ニュージーランド

    66. 価値観を変えたワイン&絶品オリーブオイル
  2. ビジネス

    147. 目で咀嚼、脳で消化・吸収、睡眠で排泄。
  3. ビジネス

    160. アダルト面倒にはさせるな。ベビーを潰してしまえ!!
  4. ライフ

    #304. 午前中はネットに繋がない
  5. ビジネス

    #76. 消費社会を生きる私たちが考えるべきこと -ムヒカ大統領スピーチ全文-
PAGE TOP