English

174. 英語を話している自分に酔うのだ。酔え!

カラオケと英会話って精神的な面で似ていることがあると思う。

私はカラオケが苦手。歌自体も下手だが、何より「恥ずかしい」。だが、歌うこと自体は嫌いではない、歌うとスッキリして気持ちがいい。酔った時にカラオケでみんなで盛り上がるのは楽しい。

だが、どうも精神的に苦手なのだ。

「歌が下手だから恥ずかしいのか」それとも「恥ずかしがっているから下手になるのか」どっちかわからない。だが、私が思うに両方に該当すると思う。

もともと歌は上手くない。小学生時代に気づいてしまった。当時は「ヘタだと気づかれたくない」という可愛いプライドからふざけて歌っていた。

「恥ずかしがる」ことで心の中にモジモジ君が現れ、さらに下手に聞こえさせる。「恥ずかしい→声が小さくなる&音楽に合わせにいく→聞こえづらい&音程ずれる→下手だなコイツ」というサプライチェーンである。

しかし、「いっそのこと開き直って、自分の歌に酔っているくらいの感覚で歌う方が上手く聞こえる」とあるときふと気づいた。「歌の上手い下手ではなく、振る舞いを正せさえすれば、うまく聞こえてしまうのではないか?」と。

「自信を持って歌っている人の歌は、どうもうまく聞こえてしまう理論」の発見だ。

英会話でも「恥ずかしい感情」「恥」は自分と相手の間にノイズのフィルターを生じさせる。そしてスムーズさも吸い取られ、さらに相手に伝わりにくくなる。

恥ずかしがっているだけで、英語は下手に聞こえる。

実際には正しいのに、自分で相手に伝わりにくくさせてしまっているだけかもしれない。単に声が小さかっただけで、相手が聞こえなかっただけかもしれない。自分の英語が間違っていると思うなんてもったいない。というよりムダ。

「恥ずかしいという感情をいかに排除するか

英語はメンタルスポーツだ。

この感情を排除するためには、「英語を話している自分に酔っている状態」にすること。するといい感じに伝わる。「英語を話しちゃっている俺、本当にカッコいいな〜」と本気で思い込むのだ。

私は最近、「聞こえないのは相手のリスニング力が弱いだけ」とネイティブ相手にでさえ思うように決めている。

思い込みは強い。根拠なんていらない。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    #313. 英語での電話のむずかしさ

    電話での英語は、相手の表情や雰囲気が分かりづらいので難しい。あ…

  2. English

    #243. 日本人はインドのカレーを目指さなくていい

    前回記事で日本人が英語を話せない状況について持論を書いてみた。…

  3. English

    #324. 接続詞の復習

    書きなぐりノート等位接続詞and, but, or…

  4. English

    #307. 前置詞の復習

    The book on the desk is not mine.…

  5. English

    134.「スピーキングは一人では鍛えられないという思い込み」をぶち壊そう。

    色々試行錯誤しながら英語を学んでいる中で、最近気づいてきたことがある。…

  6. English

    92. 周囲から可愛がられる人間の特徴

    周囲から可愛がられる素質は組織で生きていく上で大事。能力が足りなくても…

エラー: Invalid or expired token.
  1. ニュージーランド

    #221. スカイタワー「20周年」アニバーサリー🇳🇿
  2. English

    #53. NZの小学生はどのように発音を習っているのか?3/3
  3. ビジネス

    118. ジャンケン「1,000回」理論
  4. ライフ

    #239. 人生をより冒険的かつ挑戦的なものにする唯一の方法
  5. ビジネス

    89. 身近にある最高の投資
PAGE TOP