English

174. 英語を話している自分に酔うのだ。酔え!

カラオケと英会話って精神的な面で似ていることがあると思う。

私はカラオケが苦手。歌自体も下手だが、何より「恥ずかしい」。だが、歌うこと自体は嫌いではない、歌うとスッキリして気持ちがいい。酔った時にカラオケでみんなで盛り上がるのは楽しい。

だが、どうも精神的に苦手なのだ。

「歌が下手だから恥ずかしいのか」それとも「恥ずかしがっているから下手になるのか」どっちかわからない。だが、私が思うに両方に該当すると思う。

もともと歌は上手くない。小学生時代に気づいてしまった。当時は「ヘタだと気づかれたくない」という可愛いプライドからふざけて歌っていた。

「恥ずかしがる」ことで心の中にモジモジ君が現れ、さらに下手に聞こえさせる。「恥ずかしい→声が小さくなる&音楽に合わせにいく→聞こえづらい&音程ずれる→下手だなコイツ」というサプライチェーンである。

しかし、「いっそのこと開き直って、自分の歌に酔っているくらいの感覚で歌う方が上手く聞こえる」とあるときふと気づいた。「歌の上手い下手ではなく、振る舞いを正せさえすれば、うまく聞こえてしまうのではないか?」と。

「自信を持って歌っている人の歌は、どうもうまく聞こえてしまう理論」の発見だ。

英会話でも「恥ずかしい感情」「恥」は自分と相手の間にノイズのフィルターを生じさせる。そしてスムーズさも吸い取られ、さらに相手に伝わりにくくなる。

恥ずかしがっているだけで、英語は下手に聞こえる。

実際には正しいのに、自分で相手に伝わりにくくさせてしまっているだけかもしれない。単に声が小さかっただけで、相手が聞こえなかっただけかもしれない。自分の英語が間違っていると思うなんてもったいない。というよりムダ。

「恥ずかしいという感情をいかに排除するか

英語はメンタルスポーツだ。

この感情を排除するためには、「英語を話している自分に酔っている状態」にすること。するといい感じに伝わる。「英語を話しちゃっている俺、本当にカッコいいな〜」と本気で思い込むのだ。

私は最近、「聞こえないのは相手のリスニング力が弱いだけ」とネイティブ相手にでさえ思うように決めている。

思い込みは強い。根拠なんていらない。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    74. ラジオで実用的な英語を学ぼう!

    ラジオはテレビやインターネットと比較して古臭く感じている人は多いかもし…

  2. English

    #236. 英語を喋れるようになりたければ、まずバカになれ!!

    「留学してもなかなかスピーキングが伸びないのはなぜだろう...」…

  3. English

    #242. なぜ、日本人は英語が喋れないのか?

    インド出身のクラスメートたちは、インド特有のアクセントで英語を「堂々」…

  4. English

    124. 理論じゃない、必要なのは実践だ!!

    現在MBAを学んでいる身ではあるが、結局、シェフで…

  5. English

    #243. 日本人はインドのカレーを目指さなくていい

    前回記事で日本人が英語を話せない状況について持論を書いてみた。…

  6. English

    173. 脳は「身体の動き」に騙される?

    毎朝3.6キロのコースを20分かけて走っている。晴れた日の朝の…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 相手を動かすには『信用』が必要。信用とは『数字』であったり、嘘をつかないなどの『人間として当たり前』のことを積み重ねられるか。「自分ならどんな人に信用賽銭を投げるか?」と自分に問いかけることで、自分がやるべきことが見えてくる。
    about 21時間 ago
  1. MBA

    57. 後回し=時間の借金
  2. English

    134.「スピーキングは一人では鍛えられないという思い込み」をぶち壊そう。
  3. ビジネス

    #170. 一次情報は事実であり、二次情報は解釈だ
  4. ビジネス

    #226. 信用できるヒトと、できないヒトの「10個」の違い。
  5. MBA

    54. MBA取得はアメリカだけじゃない!
PAGE TOP