MBA

58. ネルソン・マンデラ大統領に学ぶリーダーシップ

皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。

今日、明日は授業がなくオフの日。しかし悠長に次の授業まで休んでいればOKではなく、Assingnmentと呼ばれるレポートと試験の準備を始めなければなりません。レポートの締め切りやテストの日程は既に決まっているのです。

このブログについては、忙しさに関係なく継続して更新していきます。皆さんへの情報共有に加え、考えを文章化することで頭の中身も整理できるからです。これは私にとって非常に大切な習慣なのです。

 

最初に倒すべきはOBLのAssignment

私が一番最初に倒すべき課題、それはOBL(Organizational Behavior and Leadership)のAssignmentです。OBLについては以前の記事で簡単に紹介していますので、??と思われた方は下記をご参照下さい。

55. 日本人としてのアイデンティティ

このAssingmentは”リーダーシップについて1,300文字以内でまとめる”というもの。Invictus(2009年)という映画が題材として挙げられ、リーダーにはどのような資質が要求されるのかこの映画から感じ取ったことを書くのです。

インビクタス / 負けざる者たち [DVD]

この映画は南アフリカ出身の英雄であるネルソン・マンデラ大統領が、1995年に母国で開催されたラグビーW杯において、当時低迷していた代表チームSpringboks(スプリングボクス)のキャプテンに”あるヒント”を与えることで、チームを再建するというもの。

当時はアパルトヘイト(人種隔離政策)の名残が南アフリカ国内にあり、白人と非白人の仲が非常に悪い状況。そこでラグビーを通じ、国を1つにまとめようとしたのです。

監督はクリント・イーストウッド。ネルソン・マンデラをモーガン・フリーマン、チームのキャプテンをマット・デイモンが演じています。

OBLの講師Dr John氏はこの映画を15回見たと授業で言っていました。

 

ネルソン・マンデラ大統領とは?

ネルソン・マンデラ氏は南アフリカの第8代大統領です。

前述の通り1990年代前半までの南アフリカでは、白人による非白人の人種隔離政策であるアパルトヘイトが施行されていました。国が”合法的”に非白人に対する差別を認めていたのです。

マンデラ大統領はこのアパルトヘイトに対する反対運動の実施により、27年間投獄されました。

1990年に釈放され、後に大統領となり、アパルトヘイトによる悪化した白人と非白人の関係是正や対立解消に着手、さらに経済不況からの国を回復させる為の復興開発計画も実施。ノーベル平和賞も受賞しており、2013年に亡くなるまで、その功績は計り知れません。

前述の通り、ネルソン・マンデラは27年間に渡り、理不尽な理由で投獄されましたが、大統領という絶対的な立場を手に入れたのも関わらず、白人に対する復讐は行いませんでした。

それどころか白人と非白人の関係をどのように改善し、どのように南アフリカという国を良い方向に導けるのか、という建設的な考えに注力したのです。

 

組織もリーダー次第?

私がマンデラ大統領のような人間になれるとは到底思いません。ですが、スプリングボクスのキャプテンのようにマンデラ大統領から”ヒント”を得て、自分自身を改善していくことは可能と思います。OBLの課題に取り組む意味はここです。

現代は仕事の選択肢が多く、1つの仕事にしがみつく必要はありません。働き方も多様化しており、組織に属さずともお金稼ぎ方は多々あります。働く国の選択も自由。生まれ育った国で働かなければならないと言う理由などありません。

つまり、居心地が悪く、苦しみながらも歯を食いしばって働き続けるという考えは既に終わりを告げたということ。従って、リーダーのマネジメント次第では多くの人材が離れていってしまうということです。

何はともあれ、一度この映画を見てリーダーシップについて考えてみることは、リーダーになる、ならないに関わらず今後の人生に役立つと思います。

インビクタス / 負けざる者たち [DVD]

さて、レポート書き始めるか。。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ニュージーランド

    #221. スカイタワー「20周年」アニバーサリー🇳🇿

    オークランドの真ん中に、デデンッとそびえ立つスカイタワー。スコ…

  2. English

    180.「社会人留学」に関して私の意見を書いてみる。

    留学は自分が行きたければ、行けばいい。それは学生でも社会人でも…

  3. English

    127. 人間、必要に迫られければ取り組まない。

    英語も海外に出て生活する上で必要に迫られるから、最初は渋々使っていく中…

  4. ニュージーランド

    #3. 『たった1ドル』で映画を楽しもう!

    さて、本日はレンタルDVDについて取り上げたいと思います。私が…

  5. MBA

    #216. 試験に威力を発揮する脳の活用術。

    テストの準備方法に関して効果的な方法を見つけたぞ。この3つ。…

  6. MBA

    #55. 日本人としてのアイデンティティ

    先週土曜日よりMBAが開講してから、もうすぐ1週間。MBAは基本土日の…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 相手を動かすには『信用』が必要。信用とは『数字』であったり、嘘をつかないなどの『人間として当たり前』のことを積み重ねられるか。「自分ならどんな人に信用賽銭を投げるか?」と自分に問いかけることで、自分がやるべきことが見えてくる。
    about 21時間 ago
  1. ビジネス

    107. 自分の付加価値はナンダ?
  2. ビジネス

    184. 生活の中の「四則演算」思考
  3. ビジネス

    140. ポケモンセンターの中を1日中歩いていても、経験値は0だ。
  4. ライフ

    #252. 自分が納得できる人生を歩む
  5. ライフ

    #188. ゴールデンタイムで、1日を最適化する。
PAGE TOP