ライフ

#335. 引き寄せの法則

人間、実現できるのは自分の考えられる範囲内のことだけ。

自分が想像できないことは、120%実現できない。想像できるから、それまでの道のりをイメージできる。そして実現できる。

想像できる範囲が広ければ広いほど可能性は広がる。

想像できる範囲を広げる方法はたくさんある。

多くの人と出会い話をする。

色々な経験を積む。

本を読む。

それまで自分があまり取り組んでこなかった分野であればあるほど、伸びしろは大きくなる。

また、目の前のことに一生懸命取り組むことで、次第に先の目標をイメージできるようになる。

そして、その目標を意識し続けると、それに関連する情報を見逃さず、キャッチできるようになる。

先日、車のタイヤがパンクした。

どこのお店に修理に出したらいいのか分からなかったので、正直面倒だなーと思った。

そんなことを思いながらランニングしていると、ふとタイヤ修理のショップがあるのに気づいた。

毎朝走っており、これまでに200回は走っているコース。でもパンクした際には「あそこに持ってけばいいじゃん!」とならなかった。

頭の中に、「タイヤ」「パンク」というキーワードがあったので、情報をキャッチできた。

情報をキャッチできるようになった。

人間は、自分が必要とする情報でないと引っかけられないようだ。

それを感じた出来事。

このように、実現したいことを頭の中で意識し続けることは、確実に実現の可能性を高めてくれる。

そのイメージが鮮明であればあるほど、実現の確度は高まる。

これはヴィジュアライゼーション(Visualization)とも呼ばれており、スポーツなどでも行われている。

最近ネットで見つけた動画で、7年半囚人として過ごした男性が、ゴルフのスコアが出所後95→75になったという。

この男性は毎日、牢獄の中でゴルフをプレーしていた。

もちろん現実に行うことはできない。

彼は頭の中で鮮明にプレーしていたのだ。

風の向き、グリップの握り方、フェアウェイの歩き方、芝生の匂い..

それだけイメージすることはこれだけ威力を発揮する。

そのイメージを明確する手助けをしてくれるのが、動画や写真でもある。

今の時代、ネットでいくらでも無料で見つけられる。

自分の理想が描いてある動画や写真を毎日見ることで、それが潜在意識に刷り込まれる。

すると、日常の意思決定や情報の捉え方に明らかな違いが生まれる。

これが引き寄せの方則というもの。

英語ではLaw of Attractionというそうだ。

脳の潜在機能を活用しない手はない。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ライフ

    #296. 仮説と検証の繰り返し

    仮説は、問いを持つことから始まる。問いは、不便な恐々にしか落ち…

  2. ライフ

    #235. 時間を売る側から「買う側」に回る!!

    時間は有限。命の消費速度は食事・運動・睡眠の取り組み次第で遅く…

  3. ライフ

    #241. 日本人であることの価値

    オークランドへ来てから、10ヶ月が過ぎた。ここは世界有数の「多…

  4. ライフ

    #239. 人生をより冒険的かつ挑戦的なものにする唯一の方法

    人生をより冒険的で、挑戦的なものにする唯一の方法を書く。それは…

  5. ライフ

    #270. ワーキングメモリーと睡眠の質

    人間の脳にはワーキングメモリーという機能が存在する。この機能は…

  6. ライフ

    #312. 時間の使い方

    消費させられる時間を減らすこと。自分で生み出す時間の割合を増や…

エラー: Invalid or expired token.
  1. English

    #255. 留学を留学たらしめるものは、教室外の活動である
  2. ライフ

    #297. セオリーは所詮、机上の理論でしかない
  3. English

    #212. さて、初心に帰ろう。
  4. ビジネス

    199. 金鉱ではスコップを売れ!!
  5. ビジネス

    #250. NZにあるホットウォータービーチの人気について考えてみる
PAGE TOP