ビジネス

#214. その不安を排除できる唯一のものは「行動」し続けること。

「なにもしていない」と頭に不安がよぎる。

「なにもしていない」とは、本当にボーッとして、なにもしていない状態ではない。

なにも行動に移さず、あれこれ計画を考えたり、考えたりしている状態のことだ。

脳の貴重なキャパシティが、ネガティブなことやリスクを見つけるために使われてしまっている、とてもザンネンな状態。やらない理由を探している状態とも言える。

私自身、10代〜20代前半までは、行動前に考えることこそ、大事なプロセスだと思い込んでいた。大人から「よく考えなさい」と言われてきたからか、気づいたときには既に考える人間になっていた。

そして考えた結果行動しないことをいつも選んでいた。

しかし、歳を重ねるにつれて、考えるとは「ネガティブな要因やリスクを見つける行動、実行しない理由を見つけ出す行為」という考えにシフトしてきたような気がする。

「計画したことは実行されず、お蔵入りとなる可能性が高い。計画した時点で欲求が消費されてしまうのかもしれない。」と私自身の経験から気づいてきたからだと思う。

だったら脳が不安を生み出さない隙さえ与えず、目標や夢に向かって常に動き続ければいい。小さな一歩でも歩みを止めずに歩き続ければいい。ゴールの方向は軌道修正しつつも、目先の一歩に集中し、それを毎日積み重ねていくこと。

行動以外に不安を排除できるものなんてない。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    132. 死ぬまでに世界中のフルマラソン100回完走してやる!!

    私には目標がある。それは世界中で開催されているフルマラソンを1…

  2. ビジネス

    94. 大人になるにつれて失うもの。

    創造力、好奇心だ。私たちは過去の経験を基に想定を立てている。つ…

  3. ビジネス

    #247. 自分は何の価値が提供できるのか?

    マーケットで商品やサービスを購入する際には、その対価としてお金を払う。…

  4. ビジネス

    106. 圧倒的なスピードは「武器」である。

    社会人時代に感じたことがある。「スピードは安心感を生み出す」と…

  5. ビジネス

    155. 私は暇なのかもしれない。

    世の中は少数の仕掛ける側と大勢の仕掛けられる側で構…

  6. ビジネス

    168. 主観性、客観性、論理的、そして感情論

    情報に触れる際には、それの主観性、客観性、論理的なのか、感情論なのかを…

エラー: Invalid or expired token.
  1. ニュージーランド

    67. この人生を楽しむには、健康でなければならない
  2. IELTS

    #43. IELTSライティングTask1 【グラフ問題】 1/5
  3. English

    124. 理論じゃない、必要なのは実践だ!!
  4. ビジネス

    150. イチローの言うように「遠浅」に生きる。
  5. MBA

    #55. 日本人としてのアイデンティティ
PAGE TOP