ビジネス

#214. その不安を排除できる唯一のものは「行動」し続けること。

「なにもしていない」と頭に不安がよぎる。

「なにもしていない」とは、本当にボーッとして、なにもしていない状態ではない。

なにも行動に移さず、あれこれ計画を考えたり、考えたりしている状態のことだ。

脳の貴重なキャパシティが、ネガティブなことやリスクを見つけるために使われてしまっている、とてもザンネンな状態。やらない理由を探している状態とも言える。

私自身、10代〜20代前半までは、行動前に考えることこそ、大事なプロセスだと思い込んでいた。大人から「よく考えなさい」と言われてきたからか、気づいたときには既に考える人間になっていた。

そして考えた結果行動しないことをいつも選んでいた。

しかし、歳を重ねるにつれて、考えるとは「ネガティブな要因やリスクを見つける行動、実行しない理由を見つけ出す行為」という考えにシフトしてきたような気がする。

「計画したことは実行されず、お蔵入りとなる可能性が高い。計画した時点で欲求が消費されてしまうのかもしれない。」と私自身の経験から気づいてきたからだと思う。

だったら脳が不安を生み出さない隙さえ与えず、目標や夢に向かって常に動き続ければいい。小さな一歩でも歩みを止めずに歩き続ければいい。ゴールの方向は軌道修正しつつも、目先の一歩に集中し、それを毎日積み重ねていくこと。

行動以外に不安を排除できるものなんてない。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    193. 考える量に比例して、人間は行動しない。

    「考える量に比例して、人間は行動しない」法則。考えれば考えるほ…

  2. ビジネス

    120. 「可処分時間」を増やす方法

    時間を増やす方法は2通りあると思う。1つ目は、「効率を高めるこ…

  3. ビジネス

    157. 依頼を断っても信用は失わない。やると引き受けたのにやらないと信用を失う。

    「信用を失うのはどういう場面か?」「自分の嫌いなことをし続けて…

  4. ビジネス

    #254. 信用貯金

    これからは本格的な信用社会が始まる。というかもう始まっている。…

  5. ビジネス

    #259. お金の動きについて、少ない知識をふりしぼってみる

    お金の動き。私はこの分野に関して弱い。恥ずかしながら、どのよう…

  6. ビジネス

    #162. 制約があるからこそ、思考し、創意工夫は生まれる。

    プロ野球に限らないが、アスリートは歳を重ねれば体力が落ちていき、パフォ…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#309. 英語の体力と技術トレーニング https://t.co/hf4LZtBCsk英語の体力と技術トレーニング/
    about 16時間 ago
  1. ビジネス

    #250. NZにあるホットウォータービーチの人気について考えてみる
  2. IELTS

    #12. IELTSのリスニングってどんな内容なの?
  3. IELTS

    #31. IELTS「運営側の立場」を考えてみる
  4. English

    #267. 結局、英語は質でなく量であると行き着いた
  5. ビジネス

    149. 必殺、5冊同時読み!!
PAGE TOP