ビジネス

123. エネルギーの一極集中。

英語の上達のプロセスはお湯の沸騰させることに似ている。

日々、エネルギー(英語)を脳に与え続けることで、沸点に達し、ある日喋れるようになる。しかし、この温度は実際のお湯のようにエネルギーを与え続けないと徐々に下がってきてしまう。

英語圏は刺激を与え続けることができるので、日々高い温度を保ち続けることができるようになる。しかし日本となるとこのようにはいかない。

日本でマンツーマンの英会話に1年通ったことがあるが、40分/コマを80回。1-2回/週のペースだったので、次回の授業までにはほぼ水まで温度が下がってしまっていた。これではまたその授業で刺激を与えても沸点に達するまでには時間がかかる。効率がバカみたいに悪い。

思えば何か上達させようとする場合、短期集中的にエネルギーを投下し、一気に沸点まで持っていってしまって、あとはそれを冷めないように維持していくことの方が効率的だと思う。

そういった意味ではフィリピンに留学し、50分/コマの授業を8コマ/週行い、エネルギーを一極集中させたのは大きい。これは英語以外にも当てはまる。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    97. 私にとってのブログは、子供にとってのLEGO。

    文字というパーツを組み合わせて1つの作品が出来上がる。文章を書…

  2. ビジネス

    202. ファースト・ビッグバンに全てを捧げる。

    「1回目の成功をいかに若い年齢に成し遂げるか」が、その後の人生の難易度…

  3. ビジネス

    #234. ジブンの市場価値を高める「3つ」のこと

    よく「モノの価値」って言葉を聞くけど、そもそも「モノの価値」ってナンダ…

  4. ビジネス

    #279. 人類大移動時代

    ビジネスのネタを探すとき、どういったところに着目すればいいのか?…

  5. ビジネス

    #220. ブログはいかに簡単に伝えるか選手権。

    ブログは「飲食店マーケット」に似ていると思った。その理由は…

  6. ビジネス

    #207. 先天的能力の賞味期限は20代で終わる

    能力の相対性に関連した内容を以前の記事に書いたばかりだが、今回は年齢に…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#334. 英語堪能=コミュニケーションスキル◎ではない https://t.co/KGkAHtaz1o
    about 2週間 ago
  1. ビジネス

    89. 身近にある最高の投資
  2. ライフ

    #304. 午前中はネットに繋がない
  3. ライフ

    #283. 読書は脳のエクササイズだ
  4. ニュージーランド

    #205. 定期的な運動は「健康貯金」である
  5. English

    #257. 英語が喋れるようになる人と、そうでない人の違い
PAGE TOP