ビジネス

87. 人間性を測る指標ってナンダ?

本当の人間性はその人がピンチに陥った時に露呈される。

上手くいっている時は誰でもいい顔ができるし、協力的だ。しかしこれだけではその人の人間性を測る指標としては不十分だと思う。その人が上手くいってない時にどう振る舞うか、ここを指標とした方が正確ではないだろうか。

私たちは基本、他人に嫌われようと行動していない。むしろ好かれようと行動している。そして自分に余裕がある時には、相手の為に行動できる。しかし、余裕がなくなった時に手のひらを返したように態度が豹変するような人間も中にはいる。

自分の行動を振り返ってみると、余裕がない時の自分の器の小ささには辟易するレベルだ。一歩づつ、自分に余裕がない時でも相手を優先できるような人間になっていきたい。

言うは易し行うは難しだが、まずは思わないことには始まらない。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    #108. むむむっ!成功者の共通点が見えてきたゾ。

    本を何冊も読んでいると次第に成功者の共通点が見えてくる。思いついた最初…

  2. ビジネス

    115. 朝15分でその1日をデザインする。

    最近、朝目覚めてすぐにヨガ(とは呼べないかもしれない。15分程度のスト…

  3. ビジネス

    88. 私たちが人生で7億回もすること。

    それは呼吸だ。呼吸の仕方で精神状態は変わる。ゆっくりで深い呼吸…

  4. ビジネス

    #262. 金銭感覚と意識操作

    人の金銭感覚って面白い。お昼ご飯には1,000円が高く感じるの…

  5. ビジネス

    #207. 先天的能力の賞味期限は20代で終わる

    能力の相対性に関連した内容を以前の記事に書いたばかりだが、今回は年齢に…

  6. ビジネス

    #151. 脳と身体へのプレゼント

    自分の中での習慣となっていることを考えてみた。それは毎朝の10…

エラー: Invalid or expired token.
  1. English

    #318. 動詞と文型
  2. ビジネス

    97. 私にとってのブログは、子供にとってのLEGO。
  3. English

    #33. 結局、英語は「情報量」と「場数」
  4. ライフ

    #278. 世の中の『非効率なもの』を探す
  5. English

    #267. 結局、英語は質でなく量であると行き着いた
PAGE TOP