IELTS

#46. IELTSライティングTask1 【グラフ問題】 4/5

引き続きIELTSライティングTask1について書きます。

前回記事は与えられたグラフから「共通点・相違点の要素」を探し出しボディパラグラフ(BP)を書きました。本日はもう1つのパターンである”変化”を表すグラフについて書いていきます。

変化を表すグラフの構成

パラグラフ1:イントロ
パラグラフ2:グラフの大きな変化①
パラグラフ3:グラフの大きな変化②
パラグラフ4:要約

イントロは与えられた問題文の言い換えでOKでしたね。「変化」を説明するグラフの場合もBPは原則2つ。「大きな変化」というBPの要素を2つ探し出し、そこを掘っていきます。そして、”ざっくり言うとグラフはこういう特徴があります”という要約で完成です。

変化の表現はパターン化で対応OK

以前の記事でも書かせていただいた下記のワードの”組み合わせ”で、”変化”の説明は問題ありません。パターン化して頭に入れておき、引き出しから取り出せる状態にしておくと効果的です。

【増加 go up(↗︎)】
increase(increase)
rise(rise)
grow(growth)
double(doubling in sth)
treble(trebling in sth)
rocket( – )※big change
soar( – )※big change

【減少 go down(↘︎)】
decrease(decrease)
fall(fall)
drop(drop)
decline(decline)
plunge( – )※big change
plummet( – )※big change

【変化無し no change(→)】
level off(a leveling off at)
remain the same( – )
remain stable( – )
stabilize( – )

【増減 constant change(〜)】
fluctuate(fluctuation in sth)

【最高点、最下点(∧)(∨)】
reach a high of sth(a high of sth)
reach a peak of sth(a peak of sth)
reach a low of sth(a low of sth)

【大きい変化を表す副詞 large change】
considerable(considerably)
sharp(sharply)
dramatic(dramatically)
significant(significantly)
substantial(substantially)
drastic(drastically)

【小さい変化を表す副詞 small change】
steady(steadily)
slight(slightly)
gradual(gradually)

【おおよそを表す副詞】
approximately
nearly
almost

このワードを形容詞+名詞または動詞+副詞の組み合わせで使用すると文章の単調化を防げます。例えば、大きな変化(increased considerably)は、rose significantlyやdramatic growthといった表現でも同じ意味を表せます。LEGOのように組み合わせ自在の便利ワードたちなのです。小さい減少を表すとすれば、dropped slightly、decrease gradually、slight fallといった使い方になります。

実際に文章を書いてみよう

The chart show the number of people using the Internet from 1995 to 2002 in the world. Write a report for a university lecture describing the information below. You should write at least 150 words.

Estimated number of people online worldwide (million)
1995 26
1996 61
1997 76
1998 160
1999 195
2000 451
2001 552
2001 580

※実際は棒グラフでの出題になりますのでご注意下さい。

まずはイントロから。

The chart show the number of people using the Internet from 1995 to 2002 in the world.

という与えられた問題文を存分に利用させてもらいましょう。

The line chart illustrates the number of people who used the Internet between 1995 and 2002 throughout the world.(19文字)

これでいいですね。

ポイントは使える部分は使い回して時間を節約すること。くれぐれも文字目に全部言い換えようとして時間を浪費することは避けて下さい。

つぎはBP。まずはネタを探しましょう。大きな変化を探し出しましょう。

Estimated number of people online worldwide (million)
1995 26
1996 61 (+35)
1997 76 (+15)
1998 160 (+84)
1999 195 (+35)
2000 451 (+256)
2001 552 (+101)
2002 580 (+28)

( )内は前年からの変化を表しています。これを見ると1997年から1998年にかけて最初の急激な増加が来ています。そして1999年から2000年にかけて急増していることが分かります。それ以降も増加は続いていますが、2000をピークに急激な増加は収まっていることが分かります。これらをネタとしましょう。

BP1を1995年から1998年まで、BP2をそれ以降の変化で構成していきましょう。

First of all, although there were 26 million people who used the Internet  in 1995, it began to increase gradually. There was the first dramatic rise, 84 million, from 1997 to 1998 and reached 160 million by 1998. After that, it still continued to rise, even though the rate of growth dropped slightly.(53文字)

Secondly, the number of online users grew sharply(256 million) between 1999 and 2000 and reached 451. In addition to this, it kept increasing steadily after that and exceeded 500 million from 1999 to 2000.  Finally, it reached 580 million, which is approximately 23 times as many online users as in 1995.(52文字)

最後に要約。”ざっくり”とグラフ全体の特徴を説明します。

In summary, the growing trend lasted throughout this period. Particularly, there was a dramatic increase between 1999 and 2000 and this was the highest rise in this period.(28文字)

これを20分で書き上げることになります。文法間違いがないかどうか見直しは必須ですので、実質18分ほどで仕上げることになります。全体をまとめると下記のようになります。

The line chart illustrates the number of people who used the Internet between 1995 and 2002 throughout the world.First of all, although there were 26 million people who used the Internet in 1995, it began to increase gradually. There was the first dramatic rise, 84 million, from 1997 to 1998 and reached 160 million by 1998. After that, it still continued to rise, even though the rate of growth dropped slightly.Secondly, the number of online users grew sharply(256 million) between 1999 and 2000 and reached 451. In addition to this, it kept increasing steadily after that and exceeded 500 million from 1999 to 2000. Finally, it reached 580 million, which is approximately 23 times as many online users as in 1995.In summary, the growing trend lasted throughout this period. Particularly, there was a dramatic increase between 1999 and 2000 and this was the highest rise in this period. (計152文字)

このように形容詞+名詞、動詞+副詞による変化の表現はグラフ問題で効果的です。

皆さんも是非活用してみて下さい。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. IELTS

    #49. IELTS「本試験」をふりかえる

    3月18日(土)にオークランド大学でIELTSの本試験を受験してきまし…

  2. IELTS

    27. 位置関係・方角を表す英語表現

    皆さんこんにちは。HIROです。南半球にあるニュージーランドは…

  3. IELTS

    #47. IELTSライティングTask1 【その他パターン】 5/5

    この記事ではIELTSライティングTask1で出題されるグラフ以外のパ…

  4. IELTS

    #12. IELTSのリスニングってどんな内容なの?

    さて本日の記事はタイトル通りIELTSのリスニングの入り口へのご案内。…

  5. IELTS

    35. 英語リーディング向上計画 1/2

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  6. IELTS

    #11. IELTSの『リーディング』ってどんな内容なの?

    読書は好きだけど、英語となると途端にアタマに入らなくなる。…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#254. 信用貯金 https://t.co/T1Fel34Rym
    about 3時間 ago
  1. ビジネス

    69. 『行動力 > 学歴』時代の到来
  2. English

    #244. 英語シャワーで脳のプログラムを書き換える
  3. ビジネス

    125. 早く動き出して慣性に乗ってしまおう!!
  4. ヘルス

    67. この人生を楽しむには、健康でなければならない
  5. IELTS

    #43. IELTSライティングTask1 【グラフ問題】 1/5
PAGE TOP