English

137.「いかに丁寧に掘るか」ではなく、「いかに早く多くの穴を掘るか」に情熱を注ぐべき。

前回ブログで「回数」について書いたが、ここをもう少し掘り下げていきたい。

単語を覚えるには、「いかに早く30回繰り返すか」とう点に時間、情熱、集中力を費やすかこそがが重要。従って、「単語を1回で覚える記憶力を養う方法」を考えるのは時間の無駄だと書いた。

要領が悪い人間は、「単語を1回で覚える記憶力を養うにはどうすれば良いか?」に走る。情熱のかけ先が非効率だ。

この世界は1mの穴を30回先に彫った者勝ちなのだ。1個の穴を丁寧に綺麗に彫っても無意味。


大量の穴を掘ることで、湧き出す。

30個目に源泉が湧き出す

1日に10センチしか掘らない人間ならば、1m掘るのに10日。30個到達するまでに300日かかるので、高確率で挫折する。というより時間がかかりすぎており、必要なタイミングを失う。チャンスを掴めない。

常人に1個で源泉を見つけられるはずなどがない。「単語を1回で覚える思考」=「源泉を1発で掘り当てる思考」なのだ。ここをぶち壊して、「どうやれば30個早く掘れるか思考」になるべき。

1つ1つの早く穴を掘る工夫を考えることは無駄ではない。「ドリル使うと早いじゃん。いや以外にスコップも早いかも」と言った効率を高めるは重要だ。1つの穴を掘る労力が減る。繰り返し彫っているだけでも、筋肉がついてきて回数とともに早く掘れるようになってくる。

これは英語以外でも同じだろう。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    189. 英語は「体・技・心」

    日本では一般的に「心・技・体」の順序で広まっているが、英語ではこの順序…

  2. English

    #173. 脳は「身体の動き」に騙される?

    毎朝3.6キロのコースを20分かけて走っている。晴れた日の朝の…

  3. English

    #326. 名詞と冠詞の復習

    名詞の機能・主語・補語・他動詞の目的語・前置詞の目的語…

  4. English

    #51. NZの小学生はどのように発音を習っているのか?1/3

    本日はWorld Baseball Classicの準決勝の日本vsア…

  5. English

    #327. 否定語の復習

    否定語を置く位置助動詞 not doI could not…

  6. English

    174. 英語を話している自分に酔うのだ。酔え!

    カラオケと英会話って精神的な面で似ていることがあると思う。私は…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 「お笑いの外」への挑戦は必然 又吉直樹さんに聞く「人生100年時代」のキャリア(NIKKEI STYLE) https://t.co/b5Xa36WZAC
    about 3日 ago
  1. English

    #316. 完了形の復習
  2. ビジネス

    #170. 一次情報は事実であり、二次情報は解釈だ
  3. English

    #255. 留学を留学たらしめるものは、教室外の活動である
  4. English

    203. 「音読」は言語の総合トレーニングだ!!
  5. MBA

    57. 後回し=時間の借金
PAGE TOP