English

#217. 英語のライティング、スピーキングに伸び悩んでいる人へ。

本記事では英語のスピーキングとライティングに伸び悩んでいる人へのカイゼンのヒントをご紹介します。

もしあなたが「なんか英語の文章ってつくりにくいなー」と感じているとすれば、以下のことを1つだけ意識してください。

それは

「目的のゴトバを先に言う」

そして

補足説明する」こと。

たとえば、I have a question regarding the exam.

これは「テストに関する質問があります」という意味になるが、英語では、questionという目的を先に伝えている。I have a questionと言った時点で、一呼吸。ここの一呼吸で、つぎに続けるコトバを考える余裕が生まれる。さらに相手が「なんの問題なのか?」と聞く体勢をつくってくれる。

先にこの文の目的である「質問」という名詞を先に伝えることで、文章に短い区切りが生まれ、「自分が考える時間」「相手の聞く体勢を整える」というメリットが生まれる。

一方、日本語は、「テストに関する」が先にくるので、英語の文章でもこのカタチをとりたくなってしまう。すると目的となるコトバまで前置きが長くなるので、一番大事な目的となるコトバが伝わらないこともある。

日本人は、直接的な表現はあまり良しとしない文化がある。そこで、言語も1.修飾語→2.被修飾語という順番になっているのではないだろうかと推測する。一方、英語圏ではモノゴトを直接的に伝えるため、1.被修飾語←2.修飾語という形で、うしろから補足説明する。

このように言語にはその国の文化が反映されているんじゃないかと思う。

先に目的となるコトバを言ってしまい、補足説明する戦法はスピーキングだけでなく、ライティングにも活用可能。

これだけでもだいぶカイゼンされる。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    38. スピーキングとテニスの共通点

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  2. English

    124. 理論じゃない、必要なのは実践だ!!

    現在MBAを学んでいる身ではあるが、結局、シェフで…

  3. English

    144. 日本人の英語上達速度が遅いのは、「バックグランドを活かせない」からだ。

    世間では、日本人は英語が苦手と言われているが「日本に住んでいる限り、必…

  4. English

    62. 馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない

    日本の英語教育に関して、”学校の授業は読み書き中心で、話す訓練が足りな…

  5. English

    175. コミュニケーションの起点はリスニング!!

    ここにきてリスニングってメチャクチャ大事だと最近強く感じている。…

  6. English

    136. 断言しよう。英単語を1回で記憶に定着させるのは「不可能」だ。

    もう一度言おう。「英単語を1回で記憶に定着させるのは不可能」だ…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 英語の目的はアメリカ、イギリス人のように流暢に喋ることではない。自分の考えを正確に伝えられることが本来の目的にあるべき。この意識改革をしないことには、日本はこの先ずっと英語後進国のまま。英語のハードルを高くしすぎて皆んな身構えてしまっている。日本人なりに発音できる範囲でいい。
    about 58分 ago
  1. ビジネス

    112. 志高く
  2. ビジネス

    #232. ビジネスで必要な「ファンの作り方」
  3. ビジネス

    147. 目で咀嚼、脳で消化・吸収、睡眠で排泄。
  4. English

    53. NZの小学生はどのように発音を習っているのか?3/3
  5. グルメ

    206. 高集中力を維持するために私が取り入れたこと。
PAGE TOP