English

#217. 英語のライティング、スピーキングに伸び悩んでいる人へ。

本記事では英語のスピーキングとライティングに伸び悩んでいる人へのカイゼンのヒントをご紹介します。

もしあなたが「なんか英語の文章ってつくりにくいなー」と感じているとすれば、以下のことを1つだけ意識してください。

それは

「目的のゴトバを先に言う」

そして

補足説明する」こと。

たとえば、I have a question regarding the exam.

これは「テストに関する質問があります」という意味になるが、英語では、questionという目的を先に伝えている。I have a questionと言った時点で、一呼吸。ここの一呼吸で、つぎに続けるコトバを考える余裕が生まれる。さらに相手が「なんの問題なのか?」と聞く体勢をつくってくれる。

先にこの文の目的である「質問」という名詞を先に伝えることで、文章に短い区切りが生まれ、「自分が考える時間」「相手の聞く体勢を整える」というメリットが生まれる。

一方、日本語は、「テストに関する」が先にくるので、英語の文章でもこのカタチをとりたくなってしまう。すると目的となるコトバまで前置きが長くなるので、一番大事な目的となるコトバが伝わらないこともある。

日本人は、直接的な表現はあまり良しとしない文化がある。そこで、言語も1.修飾語→2.被修飾語という順番になっているのではないだろうかと推測する。一方、英語圏ではモノゴトを直接的に伝えるため、1.被修飾語←2.修飾語という形で、うしろから補足説明する。

このように言語にはその国の文化が反映されているんじゃないかと思う。

先に目的となるコトバを言ってしまい、補足説明する戦法はスピーキングだけでなく、ライティングにも活用可能。

これだけでもだいぶカイゼンされる。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    #276. 英語の『意味理解』を鍛える方法

    「英語を理解する」とはどういうことなんだろう?噛み砕いて見てみ…

  2. English

    #313. 英語での電話のむずかしさ

    電話での英語は、相手の表情や雰囲気が分かりづらいので難しい。あ…

  3. English

    #331. 関係代名詞の復習

    書きなぐりノート関係代名詞は1. 主格 who/which…

  4. English

    #338. あなたの英語力はそれまで出会った英語の編集結果

    英語力は何に規定されるか?英語力の高い人、そうでない人、英語力…

  5. English

    #51. NZの小学生はどのように発音を習っているのか?1/3

    本日はWorld Baseball Classicの準決勝の日本vsア…

  6. English

    #325. 仮定法の復習

    『直接法』現実のこと、または現実に起こる”可能性のある”こと。…

エラー: Invalid or expired token.
  1. IELTS

    24. ボキャビルと筋トレの共通性
  2. ビジネス

    155. 私は暇なのかもしれない。
  3. English

    #242. なぜ、日本人は英語が喋れないのか?
  4. English

    #142. もしや…見つけてしまった英語の「掛け算九九理論」
  5. ニュージーランド

    #65. フィリピン留学という選択肢
PAGE TOP