English

#217. 英語のライティング、スピーキングに伸び悩んでいる人へ。

本記事では英語のスピーキングとライティングに伸び悩んでいる人へのカイゼンのヒントをご紹介します。

もしあなたが「なんか英語の文章ってつくりにくいなー」と感じているとすれば、以下のことを1つだけ意識してください。

それは

「目的のゴトバを先に言う」

そして

補足説明する」こと。

たとえば、I have a question regarding the exam.

これは「テストに関する質問があります」という意味になるが、英語では、questionという目的を先に伝えている。I have a questionと言った時点で、一呼吸。ここの一呼吸で、つぎに続けるコトバを考える余裕が生まれる。さらに相手が「なんの問題なのか?」と聞く体勢をつくってくれる。

先にこの文の目的である「質問」という名詞を先に伝えることで、文章に短い区切りが生まれ、「自分が考える時間」「相手の聞く体勢を整える」というメリットが生まれる。

一方、日本語は、「テストに関する」が先にくるので、英語の文章でもこのカタチをとりたくなってしまう。すると目的となるコトバまで前置きが長くなるので、一番大事な目的となるコトバが伝わらないこともある。

日本人は、直接的な表現はあまり良しとしない文化がある。そこで、言語も1.修飾語→2.被修飾語という順番になっているのではないだろうかと推測する。一方、英語圏ではモノゴトを直接的に伝えるため、1.被修飾語←2.修飾語という形で、うしろから補足説明する。

このように言語にはその国の文化が反映されているんじゃないかと思う。

先に目的となるコトバを言ってしまい、補足説明する戦法はスピーキングだけでなく、ライティングにも活用可能。

これだけでもだいぶカイゼンされる。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    #242. なぜ、日本人は英語が喋れないのか?

    インド出身のクラスメートたちは、インド特有のアクセントで英語を「堂々」…

  2. English

    51. NZの小学生はどのように発音を習っているのか?1/3

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

  3. English

    #243. 日本人はインドのカレーを目指さなくていい

    前回記事で日本人が英語を話せない状況について持論を書いてみた。…

  4. English

    128. 継続すること自体に価値がある。

    同じことをしていても、毎日継続していると「ポイント意識」が変わってくる…

  5. English

    142. もしや…見つけてしまった英語の「掛け算九九理論」

    歩きながらふと浮かんだ考え。それは「英語も掛け算九九のように口…

  6. English

    174. 英語を話している自分に酔うのだ。酔え!

    カラオケと英会話って精神的な面で似ていることがあると思う。私は…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#254. 信用貯金 https://t.co/T1Fel34Rym
    about 3時間 ago
  1. ビジネス

    119. 人生は「時間配分」で決まる。
  2. IELTS

    #49. IELTS「本試験」をふりかえる
  3. ビジネス

    150. イチローの言うように「遠浅」に生きる。
  4. ビジネス

    182. 圧倒的なインプット、アウトプットができる人間は何が違うのか?
  5. ビジネス

    95. 朝はスターがいっぱい転がっている。
PAGE TOP