English

189. 英語は「体・技・心」

日本では一般的に「心・技・体」の順序で広まっているが、英語ではこの順序は異なる。

英語では「体・技・心」だ。

たまに「英語は気持ち(心)が一番大事。分からなくても恐れず、喋り続けてさえいれば、喋れるようになる。」というような意見を耳にするが、これでは非効率極まりないし、まず喋ろうとする気になれない。それに怖いし不安だ。言葉では簡単だが、気持ちだけで喋ろうとするのは現実問題難しい。

そこで英語に対しては「体・技・心」を提案したい。

まずは体。当たり前だが、心身ともに健康であるからこそ、学ぶステージに立てる。

心身ともにベストコンディションでいることの効用は日中の生産性・吸収力が圧倒的に高まることだ。しっかり寝て太陽の光を浴びることで、心身ともに健康になる。

次は技。技術は英語の中身を指す。ボキャブラリーを鍛えたり、グラマーを学んだり、それらの積み重ねを経て、心に昇華される。英語を学ばずして喋ろうとする勇気は賞賛に値するが、泳ぎ方を知らず、プールに入るようなもの。ある程度の型は知った上で、プールに入った方が上達が圧倒的に早い。

この技術を学ぶ過程で、「使ってみたい」という心が芽生える。そこで実際に試して得られたフィードバックから「この部分が足りない」と気づき、その克服に焦点を当てられる。成功すれば「自信」となり、恐怖心が取り除かれる。

英語は「体・技・心」だ。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    203. 「音読」は言語の総合トレーニングだ!!

    音読は言語の総合トレーニングだ。昨日、ヘルシードリンクのKOM…

  2. English

    136. 断言しよう。英単語を1回で記憶に定着させるのは「不可能」だ。

    もう一度言おう。「英単語を1回で記憶に定着させるのは不可能」だ…

  3. English

    64. 留学の恩恵を手にする為にすべきこと

    留学する上で何よりも大事になってくるのが『準備』これは…

  4. English

    127. 人間、必要に迫られければ取り組まない。

    英語も海外に出て生活する上で必要に迫られるから、最初は渋々使っていく中…

  5. English

    #219. ワーホリ・留学までに日本でやっておくべき「2つ」のこと。

    この記事ではワーホリ、留学までに最低限、日本でやっておくべき2つのこと…

  6. English

    137.「いかに丁寧に掘るか」ではなく、「いかに早く多くの穴を掘るか」に情熱を注ぐべき。

    前回ブログで「回数」について書いたが、ここをもう少し掘り下げていきたい…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 英語の目的はアメリカ、イギリス人のように流暢に喋ることではない。自分の考えを正確に伝えられることが本来の目的にあるべき。この意識改革をしないことには、日本はこの先ずっと英語後進国のまま。英語のハードルを高くしすぎて皆んな身構えてしまっている。日本人なりに発音できる範囲でいい。
    about 58分 ago
  1. ニュージーランド

    #225. ニュージーランドの大自然と土ホタルがつくりだす幻想空間
  2. ヘルス

    67. この人生を楽しむには、健康でなければならない
  3. ビジネス

    48. どの山を登るかより、”どう登るか”
  4. ビジネス

    96. できる、できないではない。結局やるか、やらないかだ。
  5. ビジネス

    #215. 吸収しやすい「体質」はつくれる。
PAGE TOP