ビジネス

125. 早く動き出して慣性に乗ってしまおう!!

物事を始めるのは動き始めが一番労力がかかる。

動き始めてしまえば「慣性」が働くため、継続の労力は少なくて済む。

例えば英語。今でも朝一番に英語を発するまで気が進まないことがある。一人でパソコン等に没頭していたあとにも同じ感覚が生じる。

しかし一度会話をしてしまうと、その重みが取れて喋りたくなってくる。もっと練習したくなってくる。だから早めに動き出してしまい、慣性に乗っている時間を多めに確保するようにしている。

ランニングも同じだ。寒い、眠い、いくらでも壁は立ちはだかるが、一度走り出してしまうと信号待ちの時間がもどかしく感じる。走り続けたくなるのだ。

なんでも最初は面倒に感じるが、慣性に乗ってしまえばこっちのもんだ!!

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    #302. 人が動くきっかけのデザイン

    動くきっかけのデザイン。自分ポイント(他人からありがたいと思っ…

  2. ビジネス

    #254. 信用貯金

    これからは本格的な信用社会が始まる。というかもう始まっている。…

  3. ビジネス

    #162. 制約があるからこそ、思考し、創意工夫は生まれる。

    プロ野球に限らないが、アスリートは歳を重ねれば体力が落ちていき、パフォ…

  4. ビジネス

    184. 生活の中の「四則演算」思考

    日常の中に潜む、「足し算」「引き算」「かけ算」「割り算」思考について考…

  5. ビジネス

    87. 人間性を測る指標ってナンダ?

    本当の人間性はその人がピンチに陥った時に露呈される。上手くいっ…

  6. ビジネス

    #299. 恋愛、仕事、そして釣り

    相手視点に立ち、どうすれば喜んでもらえるのか考えること。そして…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 坂本龍一 死を垣間見てわかったのは、意外なことだった (BuzzFeed Japan) - 【Yahoo! JAPAN限定先行配信】 https://t.co/TthVZ2qJ3e
    about 3週間 ago
  1. English

    #319. 比較級の復習
  2. English

    185. 自分視点の正しい英語ではなく、相手視点の「理解しやすい」英語を話す。
  3. ライフ

    #239. 人生をより冒険的かつ挑戦的なものにする唯一の方法
  4. IELTS

    #6. IELTSのライティングについて知る
  5. English

    #272. トレードオフ
PAGE TOP