English

#333. 英語は勉強ではなく、スポーツだ

英語の習得はスポーツのそれと似ている。

まず第一ステージとして、用語&ルールを覚える必要がある。

これが『知っている状態』

そして第二ステージに、実際に使えるようにトレーニングをする必要がある。『知っている』から『実際に使える』レベルに引き上げるということだ。この両者にはとてつもない大きな差がある。

実際に使えるレベルまでにならないと、英語に中学・高校と6年間費やした価値はゼロに等しい。単なるテストのための勉強でしかない。

英語は中学・高校時代に主要5科目の中に含まれていたので、どうしても『英語=勉強』というイメージが強い。これは仕方がない。でも、英語の勉強を突き詰めていけばいくほど、勉強というよりもスポーツに近い気がしてならない。

日本の英語教育は、用語とルールを覚えることがゴールとなっている。要は大学受験さえ突破できれば、英語が話せなくても何にも問題がない社会システムでしかない。

しかし、世の中の共通言語は英語で規定されてしまっている。歴史的、経済的な背景により日本がこの世界の中心にいれば、日本語を世界の共通言語にできたかもしれないが、現実は違う。

世界のスタート地点に立つために、英語が必要となる。英語を習得しても、マイナスがゼロになるだけであって、プラスにはならない。

話は逸れたが、日本の教育では英語を使えるように考慮されていない。集団で一つの授業を受けるスタイルだから一人一人に実戦の機会を与えにくいのは分かる。

2020年から大学入試が大きく変わるらしいが、幼少期の英語教育のあり方から見直すべき。さもないとこのまま世界の動きから取り残され、ガラパゴス日本が加速していくことは間違いない。

筋トレと全く同じで、英語もトレーニングすることにより成長していく。(*勉強ではない)使わなければ衰えるし、スポーツと全く同じ。だから、スポーツをやっていた人は、英語の習得も同じプロセスを通るので早くなるのではないかと思う。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. English

    92. 周囲から可愛がられる人間の特徴

    周囲から可愛がられる素質は組織で生きていく上で大事。能力が足りなくても…

  2. English

    189. 英語は「体・技・心」

    日本では一般的に「心・技・体」の順序で広まっているが、英語ではこの順序…

  3. English

    #324. 接続詞の復習

    書きなぐりノート等位接続詞and, but, or…

  4. English

    #327. 否定語の復習

    否定語を置く位置助動詞 not doI could not…

  5. English

    127. 人間、必要に迫られければ取り組まない。

    英語も海外に出て生活する上で必要に迫られるから、最初は渋々使っていく中…

  6. English

    #35. 英語リーディング向上計画 1/2

    本日のテーマは英語リーディングの本質に迫ってみたいと思います。”なぜ英…

エラー: Invalid or expired token.
  1. ライフ

    #271. マルチタスクと食事の満足感
  2. ビジネス

    #162. 制約があるからこそ、思考し、創意工夫は生まれる。
  3. English

    64. 留学の恩恵を手にする為にすべきこと
  4. English

    176. 自信を持つことで得られるもの。
  5. ビジネス

    #182. 圧倒的なインプット、アウトプットができる人間は何が違うのか?
PAGE TOP