(日本語) #301. 不完全なメモの可能性

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

キレイに書かれたメモよりも、少し荒れているメモの方が頭に残りやすい。

なんかそんな感じがする。

多分、「ん?これなんだっけ」

と記憶を遡るプロセスが生まれる。

完璧なメモだと、自分の脳を働かせることなく情報が入ってくるから、染み込みにくい。

だから、少し汚く書いてみたり、不完全なメモにすることで、その後の記憶の定着につながる。

例えば、受験勉強でも( )が抜けていた方が、覚えやすい。

そんなイメージ。

意図的にこの( )を自分のメモに与えてあげる。

そうすれば、

記憶を呼び起こすことができるかもしれない。

あえて、余白をもたせてあげるということか。

その余白を埋める際に、記憶を引っ張り出してくる。

不完全なメモにも可能性はある!

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

Related post

  1. (日本語) #298. 本当の実力

    Sorry, this entry is only available…

  2. #2

    Sorry, this entry is only available…

  3. 104. A person who keeps thinking is the strongest

    I happened to find a video in You T…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 東大卒「ときど」選手が語るプロゲーマー人生(東洋経済オンライン) https://t.co/Ty3nbmfIJL
    about 3 weeks ago
  1. イングリッシュ

    (日本語) #265. 英語を伝わりやすくする小技
  2. 思考

    42. ”質問力”について考える
  3. (日本語) #237. 子どもの「創造力」を養うために必要なこと
  4. 思考

    100. Why most people don’t care ab…
  5. MBA

    (日本語) #261. 社会で”使える”人間になるために
PAGE TOP