(日本語) #336. 人間の価値

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

人間に”怒りの感情”が芽生えるのはどんなタイミングなのだろう?

怒りとはいかずとも、イラッとしたりすることは誰にでもあると思う。

おそらく”自分の価値が損なわれている”と感じたタイミングに人間は怒りを感じるのではないだろうか。

約束の時間に遅れてくる

嘘をつかれる

バカにされる

どれも”自分の価値”が損なわれている。

人間、誰しもが自分は価値がある人間だと思いたがる生き物。

この自尊心は生きるために必要なもの。

誰にも必要とされなくなったとき、人間は自分は価値がない存在と感じ、自ら死を選択する人も後を立たない。

もちろん自分だけでなく、自分の家族や友人の価値が損なわれたときにも芽生えるだろう。

怒りの感情を表す人は、この感情をポジティブに変換することができない。

イラッとすることがあっても、それは変換次第でいくらでもポジティブな解釈ができる。

その解釈装置は経験を重ねていく過程でインストールされる。

残念ながら、いい歳して子供のように怒りの感情を表してしまう人も多い。

これまで実際に多く見てきた。

彼らは、語彙力が少ないから、目の前の出来事の解釈の仕方が分からないし、言葉で説明できず相手を威嚇して動かそうとする。これは小さい頃は誰しもが行っていた習慣だが、多くの人が成長の過程で気づき、「このままじゃダメだな」と自己変革の必要性を感じる。

しかし、この必要性を感じることができず、そのまま歳だけを重ねてしまうと、中身は子供のまま見た目だけが大人の人間になる。こういう人は自分が本当に痛い目に会うまでは気づくことができないのだろう。

人間、必要性を本気で感じないと自ら変われない生き物だ。

まぁこういう人に出会うたびに

「自分は絶対にあのようになってはいけない」

という気づきを彼らは与えてくれた。

だから、ある意味貴重な存在だったと思う。

まぁ正直、人間、生物学的には生きている意味なんてないと思う。

だけど、自分の解釈次第で生きる意味なんでなんとでも、それらしい理由づけができる。

この自尊心、生きる意味を大事にしたい。

そして他人の自尊心、生きる意味を損なう権利など誰にもない。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

Related post

  1. (日本語) #282. グローバル人材の正体

    Sorry, this entry is only available…

  2. (日本語) #241. 日本人であることの価値

    Sorry, this entry is only available…

  3. #293. Keep Updating Yourself

    There are two kinds of people. The …

Error: Invalid or expired token.
  1. イングリッシュ

    (日本語) #244. 英語シャワーで脳のプログラムを書き換える
  2. イングリッシュ

    (日本語) #257. 英語が喋れるようになる人と、そうでない人の違い
  3. 思考

    (日本語) 172. 売れるものは、「売れるべくして」売れている。
  4. 思考

    73. Unplanned travei is better than the …
  5. 思考

    (日本語) #170. 一次情報は事実であり、二次情報は解釈だ
PAGE TOP