思考

(日本語) 121. モチベーションの高い不機嫌は一番タチが悪い。

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

やる気はあって周りを巻き込もうとするが、なんせ機嫌が悪い。機嫌が悪さは空気感染し、その場の雰囲気を腐敗させる。結果、周囲のモチベーションを下げる。この手の人間が一番タチが悪い。

私は沸点の低い人間は苦手である。特に罵声を浴びせ、鬼の首を取ったような物の言い方をする人間とは関わりたくない。結局、話をするときに気を使わなければならない場面が多すぎて、コミュニケーションが疎遠になるが。自慢話も自分の器の小ささを露呈するだけ。それが過去の栄光であるなら尚更。男を下げる。

逆にモチベーションが低くても、機嫌が良ければ周囲には無害なのだ。「どちらか選べ!」と言われれば、迷いなく後者を選びたい。

こうなってはならないと自分に言い聞かせる為に書きました、とさ。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

Related post

  1. 思考

    103. “I can’t stop, I can’t resi…

    Kappa ebisen is Japanese snack (Shr…

  2. 思考

    84. Impression needs stress

    I have been thinking that we need t…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#309. 英語の体力と技術トレーニング https://t.co/hf4LZtBCsk英語の体力と技術トレーニング/
    about 16 hours ago
  1. イングリッシュ

    33. 結局、英語は”情報量”と”場数”
  2. (日本語) #237. 子どもの「創造力」を養うために必要なこと
  3. 思考

    (日本語) 126. 少ない距離でも「毎日」走り続ける。
  4. NZ

    41. 動物の祭典 KUMEU SHOW 2017
  5. 思考

    (日本語) 133. 「多動力」に学ぶ、現代の生き方。
PAGE TOP