思考

(日本語) 121. モチベーションの高い不機嫌は一番タチが悪い。

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

やる気はあって周りを巻き込もうとするが、なんせ機嫌が悪い。機嫌が悪さは空気感染し、その場の雰囲気を腐敗させる。結果、周囲のモチベーションを下げる。この手の人間が一番タチが悪い。

私は沸点の低い人間は苦手である。特に罵声を浴びせ、鬼の首を取ったような物の言い方をする人間とは関わりたくない。結局、話をするときに気を使わなければならない場面が多すぎて、コミュニケーションが疎遠になるが。自慢話も自分の器の小ささを露呈するだけ。それが過去の栄光であるなら尚更。男を下げる。

逆にモチベーションが低くても、機嫌が良ければ周囲には無害なのだ。「どちらか選べ!」と言われれば、迷いなく後者を選びたい。

こうなってはならないと自分に言い聞かせる為に書きました、とさ。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

Related post

  1. 思考

    93. If you can’t measure it, you can’t…

    We can capture "the information to …

  2. 思考

    68. 寓話『鎖につながれた象』から学ぶ人生の話

    『鎖につながれた象』これはブエノスアイレスの精神科医、ホルヘ・…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 「お笑いの外」への挑戦は必然 又吉直樹さんに聞く「人生100年時代」のキャリア(NIKKEI STYLE) https://t.co/b5Xa36WZAC
    about 1 day ago
  1. NZ

    22. 留学に対する期待値
  2. MBA

    58. ネルソン・マンデラ大統領に学ぶリーダーシップ
  3. (日本語) #335. 引き寄せの法則
  4. イングリッシュ

    51. NZの小学生はどのように発音を習っているのか?1/3
  5. イングリッシュ

    (日本語) #173. 脳は「身体の動き」に騙される?
PAGE TOP