イングリッシュ

(日本語) #212. さて、初心に帰ろう。

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

私がオークランドに来てから9ヶ月が過ぎた。

最近、自分の使っている英語の表現が、いつも同じようなものばかりになっているように感じる。

脳が省エネしているのか。英語が聞き取りにくい人と話していると、話を早く切り上げようとする傾向が私にはあるが、最近これがさらに強い。英語の発音はお互い様なのに、むしろ自分の方がお粗末な発音なのに、相手のせいにしている。自分を棚に上げている。

これではダメだ。

同じ筋肉を使っていても、維持はできるが、できることは増えるようにはならない。

これは英語でも同じ。今のままでも維持はできるが、これ以上の進化はできない。

そんなのイヤだ。

じゃあ、どうすればいいか?

それには、新しい表現をどんどん使っていくこと。負荷をかけること。

失敗しても良い。

結局、一番上手くなるのは、一番失敗を積み重ねた人間なのだから。

失敗を恐れて何もしないのは、自分を守っているように見えて、実は真逆。

恥を恐れず、失敗を積み重ねられる体質になることが、結局は自分を一番高めてくれる。

さて、初心に帰ろう。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

Related post

  1. イングリッシュ

    (日本語) #325. 仮定法の復習

    Sorry, this entry is only available…

  2. イングリッシュ

    (日本語) #332. 動名詞の復習

    Sorry, this entry is only available…

  3. イングリッシュ

    (日本語) #317. 動詞と時制の復習

    Sorry, this entry is only available…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 坂本龍一 死を垣間見てわかったのは、意外なことだった (BuzzFeed Japan) - 【Yahoo! JAPAN限定先行配信】 https://t.co/TthVZ2qJ3e
    about 3 weeks ago
  1. NZ

    10. 『手段』と『内容』の両立
  2. イングリッシュ

    (日本語) 185. 自分視点の正しい英語ではなく、相手視点の「理解しやすい」英…
  3. 思考

    #247. What Value Can I Provide?
  4. 思考

    87. What is the Indicator of Personality…
  5. イングリッシュ

    (日本語) #180. 社会人留学
PAGE TOP