イングリッシュ

(日本語) #244. 英語シャワーで脳のプログラムを書き換える

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

としを重ねるごとに、新しい言葉を覚えることがむずかしくなると言われている。

10代と50代で英語を「よーい、ドン」でスタート切っても、高い確率で10代のほうが早く喋れるようになる。

この理由は、50代では、すでに脳内にプログラムが書かれてしまっているから。

つまり、言語のソフトウェアは完成してしまっているのだ。

50代でなく、20代でもソフトウェアは完成に近いはずだ。

ということは20代でも英語を学び始めるには遅い。

覚えられないわけではないが、時間がかかる。

一方、子供の脳はこのソフトウェアが完成されていないので、別言語が入りこめる。

だから、幼少期に海外生活していた人は英語を話せる。

日本語のプログラムの習得中に、英語も入ってくるので合わせて覚えやすい。

大人になって、言語の「型」が固まってしまってからだと、英語ははエラーと見なされ定着しづらい。

言語習得は早ければ早いほどいいのだ。

じゃあ大人はどうすればいいか?

あきらめることはない。

当たり前の回答になるが、それは「大量の英語を脳に浴びせること」だ。

目的は、脳内のプログラムの書き換え。

膨大な英語をアタマに通過させられればなんでもいい。

映画、テレビ、ラジオ、YouTubeが身近な手段だろう。

脳に英語を通過させまくり、エラー認識されなくなるまで繰り返すしかない。

アタマの中のプログラムを書き換えなければならない。

書き換えるといより、エラー認識されずに保存できるような体質にする必要がある。

これを達成するためには、特に映画は、英語を学ぶ上で強力な武器になる。

いまさらながら映画は素晴らしい教材になると感じる。

英語を大量に脳に浴びせ、情報を蓄えることができるからだ。

膨大な量の英語のシャワーを浴び、プログラムを書き直せば、誰でも喋れるようになる。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

Related post

  1. イングリッシュ

    33. 結局、英語は”情報量”と”場数”

    皆さんこんにちは。HIRO(@takahiro_k18)です。…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 相手を動かすには『信用』が必要。信用とは『数字』であったり、嘘をつかないなどの『人間として当たり前』のことを積み重ねられるか。「自分ならどんな人に信用賽銭を投げるか?」と自分に問いかけることで、自分がやるべきことが見えてくる。
    about 21 hours ago
  1. 思考

    (日本語) #232. ビジネスで必要な「ファンの作り方」
  2. 思考

    (日本語) 155. 私は暇なのかもしれない。
  3. 思考

    (日本語) 80. Stay Hungry. Stay Foolish. -ステ…
  4. 思考

    (日本語) 151. 脳と身体へのプレゼント
  5. NZ

    (日本語) 198. オークランドマラソン2017エントリー!!
PAGE TOP