ビジネス

#226. 信用できるヒトと、できないヒトの「10個」の違い。

「信用」はプライベートのみならず、ビジネスでも最も大事な要素の一つだ。

人間関係がある限り、そこには「信用」というものがついて回る。この両者は切っても切れない関係だ。

そこで今日はこの「信用」について考えてみることにする。

信用できるヒト、できないヒト。この「違い」はどこにあるのか?

この「違い」が本記事の主題となる。

まずは「信用できるヒト」の特徴を10個ザッと挙げてみる。

【信用できるヒトの特徴】

  1. 小さな約束でも守ること。
  2. 見返りを求めず、相手のために行動(ギブ)できること。
  3. 小さなミスをないがしろにしないこと。
  4. 口だけでなく実績を残していること、行動に移していること。
  5. 嘘をつかないこと。
  6. 主観でものごとを判断しないこと。
  7. 相手の立場でものごとを考え、行動できること。
  8. 原因を自分の中に見つけること。
  9. レスポンスが早いこと。
  10. 時間を守ること。

では「信頼できないヒト」の特徴は?

これは簡単。上記の逆を考えればいい。

【信用できないヒトの特徴】

  1. 約束を忘れてしまうこと。
  2. 相手に見返りを求めること。
  3. 小さなミスをないがしろにすること。
  4. 口だけ。実際には行動を起こしていないこと。
  5. 嘘をつくこと。
  6. 主観でものごとを判断すること。
  7. 自分視点でしか、ものごと考えられないこと。
  8. 責任転嫁すること。
  9. レスポンスが遅いこと。
  10. 時間を守らないこと。

ビジネスでは信用があるから、「この人にお願いしよう。頼ってみよう」と考えてくれる。つまり、「信用を得ること」にフォーカスする必要がある。プライベートであっても信頼できないヒトとの関係を続けようとは思えない。

僕は近い将来、自分でビジネスを興したいと考えている。仮に、英語の分野でビジネスをするとなった場合、「数字」は「信用を得るための一つの手段」になるはずだ。

例えば、「TOEIC300点、IELTS3.0」しか実績がないヒトはいくら自分で「英語を教えられます!」といっても説得力がない。つまり「信用」を得られない。

一方、「TOEIC990点、IELTS9.0を取りました。『英語相談に乗ります』」では、前例と比べ、情報の受け取り手からの「信用」は大きく変わってくる。

お客さんは、依頼する「自分の目的」があり「求めているレベル」が存在する。それを満たしてくれるヒトかどうか判断し、依頼する。

そのためには数字も必要なこと。「この人にならお願いしても大丈夫!」と思ってもらには、数字(説得力)が必要。直近の目標として、まずはここをターゲットとしたい。

そして日常から、本文で書き出した「信用を得るための行動」を習慣化していく。一朝一夕では身につかないが、「やろう!」と思うことから全ては始まる。

「一度失った信頼は、それを得るまでにかかった何倍もの労力を必要とする」

この言葉を胸に刻もう。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    130. アウトプットありきでスタートするのも悪くない。

    アウトプットしようとすることで、アンテナが高くなり、情報を拾いやすくな…

  2. ビジネス

    #215. 吸収しやすい「体質」はつくれる。

    吸収しやすい体質はつくれる。吸収といっても、体脂肪じゃない。成…

  3. ビジネス

    #281. スキル至上社会

    今後の時代は、組織という働き方ではなく、個人のスキルを売る時代になる。…

  4. ビジネス

    #214. その不安を排除できる唯一のものは「行動」し続けること。

    「なにもしていない」と頭に不安がよぎる。「なにもしていない」と…

  5. ビジネス

    #76. 消費社会を生きる私たちが考えるべきこと -ムヒカ大統領スピーチ全文-

    テレビやインターネット上では膨大な量のCMが放送され、企業は私たちに『…

  6. ビジネス

    81. さて、ブログでも再開するか。

    3週間以上ブログの更新をストップしてしまった。毎週テストがあっ…

エラー: Invalid or expired token.
  1. ニュージーランド

    66. 価値観を変えたワイン&絶品オリーブオイル
  2. ビジネス

    #209. 時間を節約したければ、土器を作れ!!
  3. IELTS

    30. “数字”に関する英語表現
  4. English

    90. 英語神経の鍛え方。
  5. English

    #328. 語法の復習
PAGE TOP