ビジネス

#226. 信用できるヒトと、できないヒトの「10個」の違い。

「信用」はプライベートのみならず、ビジネスでも最も大事な要素の一つだ。

人間関係がある限り、そこには「信用」というものがついて回る。この両者は切っても切れない関係だ。

そこで今日はこの「信用」について考えてみることにする。

信用できるヒト、できないヒト。この「違い」はどこにあるのか?

この「違い」が本記事の主題となる。

まずは「信用できるヒト」の特徴を10個ザッと挙げてみる。

【信用できるヒトの特徴】

  1. 小さな約束でも守ること。
  2. 見返りを求めず、相手のために行動(ギブ)できること。
  3. 小さなミスをないがしろにしないこと。
  4. 口だけでなく実績を残していること、行動に移していること。
  5. 嘘をつかないこと。
  6. 主観でものごとを判断しないこと。
  7. 相手の立場でものごとを考え、行動できること。
  8. 原因を自分の中に見つけること。
  9. レスポンスが早いこと。
  10. 時間を守ること。

では「信頼できないヒト」の特徴は?

これは簡単。上記の逆を考えればいい。

【信用できないヒトの特徴】

  1. 約束を忘れてしまうこと。
  2. 相手に見返りを求めること。
  3. 小さなミスをないがしろにすること。
  4. 口だけ。実際には行動を起こしていないこと。
  5. 嘘をつくこと。
  6. 主観でものごとを判断すること。
  7. 自分視点でしか、ものごと考えられないこと。
  8. 責任転嫁すること。
  9. レスポンスが遅いこと。
  10. 時間を守らないこと。

ビジネスでは信用があるから、「この人にお願いしよう。頼ってみよう」と考えてくれる。つまり、「信用を得ること」にフォーカスする必要がある。プライベートであっても信頼できないヒトとの関係を続けようとは思えない。

僕は近い将来、自分でビジネスを興したいと考えている。仮に、英語の分野でビジネスをするとなった場合、「数字」は「信用を得るための一つの手段」になるはずだ。

例えば、「TOEIC300点、IELTS3.0」しか実績がないヒトはいくら自分で「英語を教えられます!」といっても説得力がない。つまり「信用」を得られない。

一方、「TOEIC990点、IELTS9.0を取りました。『英語相談に乗ります』」では、前例と比べ、情報の受け取り手からの「信用」は大きく変わってくる。

お客さんは、依頼する「自分の目的」があり「求めているレベル」が存在する。それを満たしてくれるヒトかどうか判断し、依頼する。

そのためには数字も必要なこと。「この人にならお願いしても大丈夫!」と思ってもらには、数字(説得力)が必要。直近の目標として、まずはここをターゲットとしたい。

そして日常から、本文で書き出した「信用を得るための行動」を習慣化していく。一朝一夕では身につかないが、「やろう!」と思うことから全ては始まる。

「一度失った信頼は、それを得るまでにかかった何倍もの労力を必要とする」

この言葉を胸に刻もう。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    166. 社会システムは先人の都合の良いように作られている。

    人間にとっての正義と価値観は生まれ育った環境や経験によって規定される。…

  2. ビジネス

    #170. 一次情報は事実であり、二次情報は解釈だ

    一般的に、情報には一次情報、二次情報がある。一次情報は事実であ…

  3. ビジネス

    182. 圧倒的なインプット、アウトプットができる人間は何が違うのか?

    一意専心の意味についての第二弾。今回はブレイクスルーについても関係する…

  4. ビジネス

    201. プロ野球選手でピーク・エンド・セオリーを考えてみる。

    前回ブログで「ピーク・エンド・セオリー」について書いたが、実例を用いて…

  5. ビジネス

    76. 消費社会を生きる私たちが考えるべきこと -ムヒカ大統領スピーチ全文-

    テレビやインターネット上では膨大な量のCMが放送され、企業は私たちに『…

  6. ビジネス

    196. やる気があるから行動するのではなく、行動するからやる気が出る。

    「アズ・イフの法則」というものを聞いたことがあるだろうか。簡単…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 英語の目的はアメリカ、イギリス人のように流暢に喋ることではない。自分の考えを正確に伝えられることが本来の目的にあるべき。この意識改革をしないことには、日本はこの先ずっと英語後進国のまま。英語のハードルを高くしすぎて皆んな身構えてしまっている。日本人なりに発音できる範囲でいい。
    about 60分 ago
  1. ビジネス

    201. プロ野球選手でピーク・エンド・セオリーを考えてみる。
  2. ビジネス

    #8. モーニング・パーソンのすゝめ
  3. ビジネス

    #170. 一次情報は事実であり、二次情報は解釈だ
  4. ビジネス

    133. 「多動力」に学ぶ、現代の生き方。
  5. ビジネス

    112. 志高く
PAGE TOP