ビジネス

204. 自分の能力が「相対的」に高くなる場所を選ぶ。

能力は「相対的」に高ければ良い。

というより、もともと相対的にしか測れないが。

オリンピックでもない限り、絶対的な能力は必要ない。オリンピックでさえも、柔道などは階級別になっているので、相対的な能力が計られている。絶対的な能力を測るならば、無差別級だ。

自分のある分野の能力が80だとすれば、その能力値の平均が100のところに行っても全く使えない、ビジネスにならない。相対的に低いから。

逆にその能力の平均値が30のところに行けば話は変わる。自分の能力は相対的に高くなるので、重宝されるし、ビジネスに繋がる可能性が出てくる。

つまり、いかに自分の能力が「レア」になれる場所に身を置くかということ。これは戦略であり、意図的に引き起こすことができる。自分の能力を客観視し、相対的に高くなれる環境に身を投じる。

例えば、お寿司を握れる人間は日本国内に何千、何万人といるだろう。それが、海外ならばどうか?「お寿司のようなもの」を握れる人間はいても、日本ほどのクオリティのお寿司を握れる人間はそうはいない。日本の職人さんは技術を磨かなくとも、日本という場所を離れるだけで、お寿司を握れる能力が相対的に高くなる。

ということは、日本では埋もれる能力を場所を変えるだけで、相対的に高めることができるということだ。別に日本にこだわる必要など全くない。働く場所を探す際に、なぜ日本前提でスタートをするのか。

1.3億人のマーケットよりも70億人をターゲットにした方が良い。自分の能力を相対的に高める場所に身を置き、そこで勝てば良いだけ。この考えであれば、日本語が話せるだけでも十分ビジネスになり得る。

「鶏口となるも牛後となる勿れ」だ。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ビジネス

    83. 時間の借金の作り方。

    結論から言うと、夜更かしすることだ。睡眠時間を削るとも言い換えられる。…

  2. ビジネス

    123. エネルギーの一極集中。

    英語の上達のプロセスはお湯の沸騰させることに似ている。…

  3. ビジネス

    179. 再び感動を味わうために、しばらく離れてみる。

    人間同じ環境に居続けたり、同じモノを使い続けると「慣れ」が生じる。…

  4. ビジネス

    111. なぜ炎上は起こり続けるのか?

    ネットで「◯◯のツイート炎上!」って記事を見るけど、何で炎上という現象…

  5. ビジネス

    131. 脳の勘違いを引き起こすために、妄想を綴る。

    人生をどう生きるか。自分の妄想を思いつくままに綴ってみる。目的…

エラー: Invalid or expired token.
  1. ビジネス

    88. 私たちが人生で7億回もすること。
  2. ビジネス

    132. 死ぬまでに世界中のフルマラソン100回完走してやる!!
  3. English

    143. 「英語の上達が早い人」が恐らくやっているであろうこと。
  4. IELTS

    #16. IELTSライティングTask2 【まとめ】 4/4
  5. ビジネス

    125. 早く動き出して慣性に乗ってしまおう!!
PAGE TOP