ライフ

#153. 経験として蓄積させる自問自答

私たちが成長していく過程で、いつのまにか固まっている「型」

まだ「型」が固まっていない幼少期に、「どうしたら上手くできるだろうか?」の自分自党の習慣を得ることで、その後の経験に取り組む視点、吸収できる量・質が異なってくるような気がする。

前ブログの書道の例だと、書道を習っている子は文字を書く機会を「1つの経験」「どう書けば上手く書けるか」という考えた上での書く行為になる。アウトプットする際に、どういうポイントで書けば上手く書けるか、失敗したとしたら「何がいけなかった」のか。こう考えることができる。これが「蓄積」となる。

一方、字を上手く書くという思考がない子だと、とりあえず「埋める」ことだけが目的であり、アウトプットまでの過程に「考える」という行為が存在していない。「蓄積」はされない。

この「どうすれば自分が望む通りのアウトプットできるか」ということを子供の頃から積み重ねていくと、それが他分野にも応用が利くのではないか?

このような自問自答する習慣は、幼少期に没頭できることを見つけられるかどうかに関わっているかもしれない。真剣に物事に取り組めば「もっと良くするにはどうしたらいいか?」と自然に考える。

書道は単に私の頭に思い浮かんだ一例だが、スポーツや勉強でも同じだと思う。一つの分野でこのコツを掴んだ子は、他の分野でも成長が早いと思う。経験を蓄積させられる自問自答ができているから。脳の使い方が上手くなっているのだろう。

記事が気に入ったら
Kobatripを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Kobatrip | コバトリップ

関連記事

  1. ライフ

    #246. 「0→1」の点火スイッチは行動だけ

    これまでなんども書いてきたが、人間はまぎれもない感情の生き物。…

  2. ライフ

    #283. 読書は脳のエクササイズだ

    これは読書推しの読書推しによる読書嫌いの人のための記事である。…

  3. ライフ

    #264. 馴染みという武器

    理解のハードルを下げる「処理流暢性」に注目せよ!人間心理の盲点…

  4. ライフ

    #235. 時間を売る側から「買う側」に回る!!

    時間は有限。命の消費速度は食事・運動・睡眠の取り組み次第で遅く…

  5. ライフ

    #280. 自分の常識は、世界の常識ではない

    「一部の人間の行動が、その国の国民性を決めてしまうこともある。」…

  6. ライフ

    #298. 本当の実力

    プレッシャーのかかった状況下で普段通りの実力を発揮すること。例…

Takahiro Kobayashi
@takahiro_nz

  • 【ブログ更新のお知らせ】#334. 英語堪能=コミュニケーションスキル◎ではない https://t.co/KGkAHtaz1o
    about 2週間 ago
  1. ライフ

    #238. 成熟社会に求められる能力
  2. ライフ

    #264. 馴染みという武器
  3. English

    #321. 代名詞の復習
  4. ライフ

    #224. 「破壊」と「創造」を繰り返す。
  5. ビジネス

    #197. 準備万端よりも天国から先にお迎えが来る。
PAGE TOP